FC2ブログ
ほんまもん001

目の前の『縁』

<その1>
東かがわ市で知人と車を走らせている時、フワフワと空からしぼんだ風船が落ちてきた
車を止めて、拾ってみると裏に手描きのサインペンで「みんななかよろく」?といかにも子供の文字で書かれている
残念ながら名前が抜けている
裏面に記載している岡山市の所へ電話して拾った旨を知らせると、どうやらその日の二時間前に子供たちと一緒に風船を空へ上げたらしい
私からの電話での一報を、担当職員は大変喜んでくれたが、風船を上げた子供の名前が書かれていなかったことを本当に残念がっていた
そこで、友人の K さんが事務所に遊びに来て・・・ その風船を見るなり
「もっと詳しく調べて・・・・FAXでも送ってあげたらその子供が判るんでないん?」と応援された
簡単に諦めていた私をなじる様に
そして、スキャナーで取り込み、データを先ほど調べた先方のメールアドレスへ送った。
このわずかなことでも、少し良いことをしたような気になるものだ。

<その2>
昨日は、事務所の前に軽トラックが止まりエンジンを空ふかしして・・・・困っていた
外に出て中を見ると、運転席のお年寄りが困っている様子
急いで、声をかけ、私が運転を代わってみるけど、クラッチが滑ってつながらない
ミッションが空回りしている。
困り果てている、お年寄りに車の車検をしてもらっているところを聞くと、キーホルダーを見せてくれた
そのタグに電話番号が書いていたので、私が電話すると、その軽トラックの事も運転手のお年寄りの事もよく知っている模様
「車は取りに行くけど、お年寄りには、タクシーででも帰る様に言ってください」

少し耳の遠いそのお年寄りがここからどこまで帰るのか判らないまま尋ねてみた
『どこまで帰るんですか?』
『水主までや~』
『そしたら送ってあげるで~』と私

送る車中、今年90歳になるというその方が、よく事故も起こさずここまで来たものだと感心しながら話を聞いた
無事そのお年寄りを届けてから事務所に帰ってくると
工事中の足場から大工の I さんが
『センセイ、ええことしたな~またどっかから廻りまわってお返しがあるで~』

どうやら、私とそのお年寄りの会話を足場の上から見ていたらしい・・・・

そして今日になって、私が留守の間にそのお年寄りのご子息が、手土産をもってお礼に来てくれた
すぐお礼をする日本人の礼節ある行動を感心しながらお土産を手にした

この二つの行動を振り返り、徳を積むという言葉を思い浮かべていた
誰も見ていなくとも、人のため世のために行動すると、まわりまわって帰ってくる
二宮尊徳が弟子に盥の水のたとえにして向こうへ押しやると、水は廻って帰ってくる
人知れず、徳のある行動をすると、何とも心の奥が気持ち良い

軽トラック21  風船21






スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.