FC2ブログ
ほんまもん001

バルコニーのデザイン

1982年竣工。村野藤吾:91才の作品
全国代表者会議のために訪れた、グランドプリンスホテル新高輪(旧:新高輪プリンスホテル)
『飛天の間』でレセプションを行い、宿泊は高層棟のホテル
初めて、有名なバルコニーに触れる
インタビュー記事により、最初はコンクリートスラブにアルキャストの手摺子を設ける予定だったことを知る
最初のイメージから最後までデザインを追求し続ける姿勢
部屋から掃き出しのサッシ越しに見る、出来上がったバルコニーの爽快さ

アコヤ貝の天井の飛天の間
EV内の天井も同じ材料で作られていた
34年前の竣工時の仕事から、宿泊室の内装や洗面所は一部リフォームされていたが
最初の村野藤吾のデザインの息吹は壊すことなく醸し出していた

グランドプリンスホテル新高輪1
グランドプリンスホテル新高輪2バルコニー写真1バルコニー写真2
バルコニー写真3
バルコニー図面2バルコニー図面3
バルコニー図面1
バルコニー図面4

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.