FC2ブログ
ほんまもん001

空気と水質

くっきりと青空が見える、四国中央市へ初めて訪問
20年以上も前になるだろうか、ずいぶん昔のイメージは、車でこの辺りを通過するときに
大気の匂いに違和感を覚えていたのを思い出していた

製紙会社関連の施設のことや地元住民の人達のことを思うと・・・・いろんなことがあったんだろうと想う。
昭和40年代に法改正されて、大気汚染防止法、水質汚濁法の効果がてき面

地元に住む人の話では、異臭もせず空は綺麗、河の水質も綺麗になったという。
もうその頃のことが記憶の彼方にあるかのように・・・懐かしそうな眼差しで答えてくれた。
法律によって排気ガスの基準を変え、放流水の水質基準を変えることにより技術も革新され住みやすい環境が整えられる
時代の変化に伴う環境改善された地方都市を目の当たりにした
全国でこのような環境改善を進めてきた日本の文明を改めて知らされたような気がした

お客さんの事情所の入り口に置いてあった水槽
澄み切った水の中、赤めだかが泳いでいる。
上からの照明により藻(植物)の成長と視覚的に観賞魚が綺麗に見える
太陽の代わりの照明が光合成を補っているのだろうか?

今朝の書道の稽古は、来月用の課題
とりあえず、少し書いて見直してみる

四国中央市43
赤めだか44
朝稽古43
朝日11号線32


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.