FC2ブログ
ほんまもん001

手袋の親指

寒い時に少しだけ、使う手袋
作業用以外に2種類の手袋を使い分けているその一つ
ワインレッドのラム皮の手縫いの手袋
裏生地はカシミヤとウールの混合
白鳥の手袋会館にあるアウトレットショップで求めた
使い始めて、3年目になるだろうか
柔らかくて、手にもなじみ重宝している
靴ひもを結ぶとき、財布を取り出してお金を出すときその他細々とした作業の時脱ぐが
そんな時面倒くさいと思いつつ、温かさの確保と共に面倒なことはその対価かと思う

そして、設計者の特性だろうか、縫製と皮の形材が気になる
それは洋服でも同じだが、親指のところのように他の指と、動きと形状が違う部分はどのように型を起こせばよいか
一番苦労した部分ではないだろうか?
外国製の手袋からヒントを得たのだろうか?
イタリア製の手袋も親指のところはほぼ同じ形材で構成されている
二次元の皮を三次元の親指の形に合わせて考えたところがこのようになったのか?
試行錯誤の末、誰かが一番最初にこの形状を完成させたのか?
一番気になるところであるが・・・・親指の複雑な動きを自分で動かしながら
ずっ~と手袋を眺めていた
ラム手袋1
ラム手袋2
ラム手袋4
ラム手袋5
ラム手袋5-2
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.