FC2ブログ
ほんまもん001

休日の稽古

月三回の生花⇒約一時間
月に一度日曜日の書道の稽古⇒約二時間
それぞれ少しづつ、稽古するリズムが生活のパターンの中で根付いてきた

特別意識しなくとも、書道は事前に課題の作品を書いて提出用に作品を作成する
週末の土曜には道具を準備しながらお手本の復習、そして三本松で生け花の稽古
帰宅してそれぞれの道具の後始末をしながら、指導されたことを思い出しながら振り返る

準備⇒実行⇒後始末⇒準備⇒実行⇒後始末・・・・・・・

生花は事務所で、持ち帰った花を活けてみて復習

自己流で進めて来て約二十年、でもここにきて
それぞれ、先生について稽古し始めて一年と4年目になる
それまでは自己流でした
自己流のいいところは、他のお手本を懸命に見て覚えようと自分なりの理解と努力上達を進めようとするところ
安易に誰も教えてくれないから、どんなことでも教材になりお手本になった
でも先生について稽古を始めると、自分の個性的な進め方とは違う指導が
素直に聞けるかどうか、その部分が一番の注意点

何年間も自己流にしていても、子供のように素直に言われることを聞けるかどうか
いつもそのことを振り返りながら、注意される部分を聞いている
自分なりに指導書の本を読み、お手本を見つつ

習いつつ みてこそ習え 習わずに 良し悪し言うはおろかなりけり

利休の言葉を思い出しつつ、
本日は加賀棒茶を飲み羊羹を食べ 稽古に励む

色彩盛花 直立型2
秋津書道 2
羊羹と棒茶2
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.