FC2ブログ
ほんまもん001

栗を生ける

実のある栗を生ける
傾斜した枝を一番大きく見せ、その他の枝ぶり、葉の姿、実の周りのバランスを勉強する

教本には、<実を強調するために葉を十分に整理します>、とある
<実の近くの葉、枝の分岐する部分の葉を特にしっかり外すことで、実の美しさ、枝分かれの風情が生まれる>とある

<整理しすぎると、今度は力強さが無くなる・・・・>その注意が必要。

栗の葉の整理と、枝ぶりの残し方は難しい。
枝に聞いても教えてくれない!
先生も最初は何もアドバイスが無い!
見よう見まねで生けてみるが、なかなかすっきりとしたバランスには生けられない!
黄中菊も決め所に悩む・・・・・
研究会まで、あと二度の稽古残すのみ

青い栗のイガはオブジェとしても面白い、机の上に飾っておこう。

傾斜型 534
栗43


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.