FC2ブログ
ほんまもん001

背中の渦

庭に3本ある中から
今年最初の薄紫のムクゲが咲いた
まもなく夏ですと教えてくれるように、一輪だけウバメガシの下で咲いた
大きな幹を昨年切ったので、どうなることやらと気にかけていたが、綺麗に咲いた
近くのカツラの木も中央の幹を切ったのでどうなることやらと気をもんでいたが
樹形が変わったかのように、葉を横に一杯茂らせて広く小枝を広げている
昨夜から降った雨のしずくを弾き返すような玉を葉の上に浮かべながら
今年の秋、落葉の頃甘い香りを振りまいてくれだろうかと、心のどこかで、期待している

新しいことに、ひとつ足を踏み出すたびに思い出す言葉がある
ピアジェの
「少年が歩くと背中に渦がまく、その渦に押されて又少年が前に進む・・・」
三人の子供を育てながら、天才的な洞察力で児童心理の可能性を見出して行ったピアジェの言葉を

計画中の物件の事が頭から離れない
予算よりずいぶん膨らみそうだから、どのように進めようかと足が動かないでいた
施主ご夫婦の心の中に膨れ上がった期待を裏切る様な事を進めなければならない
少し話はしていたが、施主の期待は膨らむ方向にあり、縮小方向にはなってくれない・・・・
でも思い切って、減額案と代替え案を詳細に考えながら
一歩踏み出した少年のようだと、自分の事を振り返りながら脳裏に浮かべていた
背中の渦をどこかで期待している自分がいる
誰も助けてくれないのに・・・・・

ムクゲ65
ムクゲ66
カツラ87


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.