FC2ブログ
ほんまもん001

さぬきうどん巡り

九州からのお客さんを迎えて、前日にサヌキうどんの事で話題が盛り上がった
その余波を受けて、早朝に 「サヌキうどんを食べに行きますか?」と声掛けすると
「ハイ!参ります!」と笑顔で返事され
自分なりに四国遍路の御接待の精神だと思うのだが
午前中の仕事を急遽変更して、ウドンツアーの為に段取りを考える

そこで、知り合いの人3名にどこのうどん店がお奨め店か尋ねると
「山越」
「谷川米穀店」
「吉本」
そして私の意見「蒲生」
という声
三本松ロイヤルホテルに前泊した関係上、一番近くの
「吉本」へ、8時の開店と同時に、ここでは<ぶっかけ>を
その後「山越」、<かまたま>を
それぞれ小を頂く。
山越えから高松駅へ向かう途中
サヌキうどんツアーバスとすれ違う
九州からのお客様はその度に
サヌキうどんの特異ぶりにえらく感心されて・・・・「信じられない!」を 連発されていた

飲食関係の人なので、味にはこだわりを持っているようで、一件ずつ噛みしめるように食べておられた
サヌキうどんのこだわりと、食文化の違いを考えながら
うどんが欲しくなる・・・・刷り込まれた食に対する記憶が鮮明に自分にもあるんだと、
自分の中のサヌキ人を感じていた。

香川県観光振興課が香川県の事を「うどん県」と自称したのは、2011年11月
これに先立つこと、1990年頃からホットカプセル(タウン情報かがわ)の社員だった田尾和俊さんたちが通称「麺通団」と称して、讃岐うどんで遊ぼう・・・とラジオで語り始めたことに発する。そして、彼らの仕事の延長で「恐るべきさぬきうどん」という本を書き上げ、新潮社文庫にまでなり、続編が続く中「讃岐うどんブーム」に火がついた。約20年以上経過して、映画『UDON』にまでもなり、今や観光バスがうどん巡りをするようになった。
本当に恐るべきサヌキうどんだと感心しながら・・・・・かまたまを食べた。

よしもと11
よしもと12よしもと13
山越うどん1
山越かまたま1





スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.