FC2ブログ
ほんまもん001

インタビュー

日曜日のNHK番組「100年インタビュー」澤地久枝さんより
子供の頃の写真、学生の頃、社会人になった頃
時系列で、写真を交えてインタビューを進めるこの番組は良く作られていると思う
特に取材の質量が感心するほど多い
仕事に対する姿勢がどのように形成されて来たのかその因果関係まで想像できる
単なる、インタビュー番組ではなくその人のヒストリーを見ているように作られている
そして、率直に答えている澤地さんの人柄までよく伝わってくる
有名な著書
『記録ミッドウェー海戦』の資料の詳細部数の多さに驚く!
ファイルキャビネットの中の資料
日本人3,064名のファイル
アメリカ人363名のファイル
一人ずつ名前を手書きで記入して収納している
可動式本棚の収納
どれをもっても、資料を整理する心構えが尋常ではない
徹底した取り組み姿勢をそのファイリングから感じる
若い時、
五味川純平の『戦争と人間』全18巻の脚注を勤めあげた人ならではの仕事ぶり

物の整理は心の整理を表すというが、この人のインタビューを聞きながら
中途半端に整理している自分の姿勢、不甲斐なさを感じずには居れなかった

「知りません!判りません!」と恥を捨て聞き入る態度

利休百首
『恥を捨て人にもの問いならうべし これぞ上手のもといなりけり』
そんな句を思い出す
その身に着いた謙虚さ、諦めない執念、人柄の素晴らしさを感じたインタビューでした

澤地久枝 1
澤地久枝 2澤地久枝 3

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.