FC2ブログ
ほんまもん001

セレンディピティ(serendipity)

辞書によると
「思わぬものを偶然に発見する才能(能力)」をセレンディピティ(serendipity)という
朝起きの有効利用⇒頭がさえている
散歩の効用⇒脳が活性化してくる

著者の外山滋比古氏は散歩開眼の処で「私の頭は歩いてやらないと眠ってしまう」と
今までのいろんな情報が瞬時にひらめいて・・・「あ~そうか!」と発想できる

計画中のプランに行き詰り何度考え直しても、にっちもさっちもいかない時は、
もたもたせずに早寝することにしている
翌朝、枕元のメモ用紙に思いついたことを描く

思いついてもすぐに忘れてしまう
夢も、イメージも、言葉も、いいアイデアも
メモしていると、再考の手掛かりになる

それは決して論理的な思考からは考えられないもの
偶然そう思いつくとしかいえない。
だからいろんなジャンルの興味が湧いた本を手当たり次第に速読するのは
その為のデータを溜めていることに近い

朝起きと早く体を動かす運動・・・それによる意欲の刺激
散歩する事、葉書手紙を遠くの郵便ポストまで歩いて投函しに行く
今まで無自覚に習慣にしてきたことが
この外山さんの言葉を借りてすべて納得

この才能の事をセレンディピティ(serendipity)という事も合わせて知った
池谷裕二先生の脳に関する解説とよく似ている
読み進む中で
脳の奥の方がからふわーっと、染み入るように嬉しさが広がる言葉の連続だった

外山滋比古 著
「乱読のセレンディピティ」
「元気の源 五体の散歩」
乱読セレンディピティ1
元気の源五体の散歩 
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.