FC2ブログ
ほんまもん001

空のインク瓶

作家の立松和平さんが亡くなった時、ご子息が父親の事を
『空のインク瓶だけが残されていました』というインタビュー記事を思い出して

この十年で溜まったインク瓶を倉庫の本棚に並べてみた
モンブラン。アウロラ。セーラー。などよく使うインクだけが13個
これ以前に使ったものは、処分したのでここにはない。
これほど万年筆で文字を書いたという事
その量に自分ながら驚く
これから先、これほどまでに書くだろうかと想像すると自信が湧いてこない
でも振り返ると、仕事とよく似て、毎年少しづつ確実に積み重ねて膨大な量になる。

墨もよく似ている、最近もうそろそろ最後かな~すり減った墨に補助棒をつけて使っている
墨はインクと違って、残るものが無い。そこで書いた書や手紙、葉書のコピーを残すようにしている
これは18年なので、ファイルが17冊になった。

インク瓶や書のコピーを残すのが目的ではないが、これまで実践してきた自分を振り返る材料として貴重だ。
本当に大切なものを残してきただろうかと反省もするが実績は励ましにもなる、
先日、知人から頂いた、仙太郎「ぼた餅」を美味しく頂きながら・・・・・・
インク瓶1
墨12
ぼた餅1ぼた餅3

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.