FC2ブログ
ほんまもん001

ニシキギの新芽

辻邦生の奥さんが書かれた<「たえず書く人」辻邦生と暮らして>を読みながら
彼(辻邦生)の素顔が垣間見れたような気がしたが、幅広い作家の厳しい生き方を彼の没後
後に残された奥さんが、伴走するように追体験しているようにみうけられ、その事に重複するように驚いた。

なにより、ご主人の仕事の一番の理解者だということが良く伝わってくる。

来年から事務所名の変更などもあって、改めて今までの事業内容を振り返ると。
私の事務所の仕事の方向性を、相談し話して来ただろうか?
実際は、私一人で決めてから報告している。
私は相談はしないが、経済的にも精神的にも負担をかけている一番は家内だ。

もし私が家内より先に死んだとしたら・・・・・・辻佐保子さんほどでなくとも
仕事の整理までしてもらえるだろうか?
とても其処までは、無理を望めないと半ばあきらめ・・・・・・日常生活の自らの態度を反省している。

新芽を鮮やかにつけ始めた庭のニシキギをながめながら。

夜明け1
ニシキギ100
ニシキギ23



スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.