FC2ブログ
ほんまもん001

いつも手を練る

いつも手を練り
いつも目を養う

物を作る仕事上、手先のデッサン力は会話の伝達力と同じ
雄弁な話し手がスピーチをトレーニングするように、
デッサンも、毎日描いていないと、上達しない。

手で描いて初めて、イメージが鮮明になる。
言葉で説明するより、手で描いたデッサンが雄弁なこともある。

自動車販売のマツイさんと自分の左手を描いてみた。

とにかく、対象物をよく観ることがデッサンの始まり。
何気なく見ていたら、それらしいのが描けるが、なんとも魅力に欠ける。

何度も何度も、全体のシルエットを見ながら・・・・
自分の手の陰を、しわを、立体のフォルムを

見ているようで、ほんの少し表面しか見ていない
皮膚の向うの透き通った先の骨や血管まで存在を意識して・・・見て描きたいと思った。

諏訪敦さんのテレビ番組を思い出しながら。

手01
手02
松井さん
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.