FC2ブログ
ほんまもん001

平成24年初詣

今年も、津田八幡宮へ早朝の初詣。
午前4時の境内には、誰もいない。
澄み切った空気が、ひんやりと頬を撫でる。

年末に買った小説で、一番心に残った言葉<宮本輝:慈雨の音>

『人は真摯に生きるとき、諍いの刃を受ける。しかし己が春の風となって、微笑めば、相手は夏の雨となって訪れ、花を潤す。』

境内で燃やされている、焚き火を眺めながら、そんな風に心にゆとりのある生き方をしなくてはと、年頭に思った。

新しい年の始まりです。今年も精一杯仕事をしたい。
境内1
焚き火1
慈雨の音


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.