FC2ブログ
ほんまもん001

古い品物を新しく提案する

イチゴ大福のように、昔からある大福モチを新しい形として和菓子を作る。
今や、いろんな大福モチがあるが
この、モチは餡にクリームを混ぜて混入している所がユニーク。

製造工程上クリームをモチで包むことができないので、シュークリームのように後から注入する方法をとっているのだと思う。
このモチを「MOCHIクリーム」と言うお菓子として24種類作り、この3年間で立ち上げた会社が提供している。

全国のデパ地下のお菓子売り場に出店して、一個175円で12個、または6個単位で売っている、お手頃な値段構成。
原価は一個4~50円でできると思うので粗利は一個当たり130円。
一日あたり、一店舗で500個売れたとして・・・・・6.5万円の粗利と言う計算になる。
売り子さんは一人。・・・・・・・うーーんヒットしている!!

パッケージングのデザインテーストが洋菓子風に洗練されているのもいい。
24個いっぺんに買うことは難しいが、又いつか買おうと言う気にさせるお手頃価格。

クリームを使っているので、保冷材が必要だがそこは、ケーキなどを買っている世代には何の抵抗もなく購入できそうな商品。

古い商品をいろいろ工夫を重ねて今の時代に合った、ちょっと嬉しい商品として売り出しているところが、感心!!

いまや菓子の購入動機は冠婚葬祭用ではなく、<おもたせ>用なんだと改めて思う。
その市場に対して、この商品はジャストフィットしている。
神戸発の・・・・mochiクリーム・・・・です。

私は毎回一つか二つ口にして、他は全部、家族やスタッフに振舞っている。
みんなが、おいしそうに・・・・意外な味に喜んでいる姿を見るのが、お菓子のもう一つの喜び!!

mochiuri-mu1
mochikuri-mu2


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.