FC2ブログ
ほんまもん001

万年筆マイカルタ

時折、三越の万年筆売り場がペンドクターの川口明弘さんを招いて『万年筆クリニック』を開いてくれる。
今年は、デルタ万年筆の代理店 ダイヤモンド社のスタッフを助手として迎えられて二人でペン先を調整されていました。

私の万年筆のほとんどをこのセーラー万年筆の川口さんに調整していただいているので、後継者が育っている風で頼もしいと思いながら見させていただいた。

そして最近出された、新しいバージョンの『プロフェッショナルギアマイカルタグリーン』を同時販売されていた。
川口さんのデザインした、日本人にとって一番書きやすい手の感触を求めた一本だと思う。
モンブランや、デルタと違って、ペン先がやわらかいタッチで書ける。
日本人の感覚からすると、濃い鉛筆と筆の中間に近い感じだと思う。

インクフローもスイスイ 何の負担もなく気持ちよく文字が書けるのがこの万年筆。

全体のバランスも良く旧のマイカルタと違って金色の金具で中間部分を補強してしっかりとした作りに仕上げられている。
茶とグリーンの中間職がボディーになっているが経年変化も楽しめますよ・・・と川口さん

そこで記念にカメラをと向けると・・・・・目の前にいた、スタッフの中数賀さんが手だけ出して引っ込んでいます。
そこで、川口さんも私も、苦笑いしながら・・・・パチリ!

二本の万年筆は新旧のバージョンのマイカルタです。
川口さんと
マイカルタ
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.