FC2ブログ
ほんまもん001

クラフトマンシップ(職人気質)

たしか
『ラージビジネスに興味は無いがクラフトマンシップにはこだわっていたい』 と語ったのは、アウトドア衣料品メーカーのパタゴニア、創業者イヴォンシュイナードだった。

私にとっても、この職人気質とでも呼べそうな、こだわりの取り組み姿勢は、自分らしさを、そこの中に見出す。
簡単に言えば、手仕事の品物が好きだと言うこと。
そのような作り手を感じられる品物には、より興味を引かれるということです。

築後60年の木造の住宅をこつこつとリフォームして今また新しい息吹を吹き込もうとしているさぬき市の『鶴羽東町』のこの現場は、まさにそんな<職人気質:クラフトマンシップ>の空気が漂っている。

古い梁を美装をしてくれた、高坂さんもその一人、古い素材感を残したような美しさを見せるようなクリーニングをしてくれた。

先日のリサイクルの玄関框が若い職人さんの手で収められようとしていた。
繋ぎの廊下では、二人の大工さんが歪んだ梁と壁に頭を悩ませながら、壁の下地を作っている。

そして今夜は、先日お中元で頂いた竹の水羊羹を染付けの皿に載せて、頂く。
この骨董品も長く使い込んでいる。
手になじんで重宝するし、これを手にすると心がふと緩むような気がする。

これからも手仕事の痕跡のある品物は、長く大切にしようと思う・・・・・・・

小屋組み6

玄関框取り付け2

水羊羹と染付け
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.