fc2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2022年01月 1/2

  • 2022年01月28日 0

    『・・・25年間を共にして、彼が癌で先年逝ったとき、戦後を共有した一番親しい同志を失った感が痛切にきて虎のように泣いた』茨木のり子の「はたちが敗戦」に描かれたこの文章に、<虎のように>という表現、その形容の仕方に圧倒される。<吠えるように泣く>という言葉は聞いたことががるが、虎のように・・・という説明には詩人らしい表現の鮮やかさに感動する。勤務医として、過ごした口数の少ないやさしい夫だったが、どれほ...

  • 2022年01月23日 0

    杖を突きながら、自分の事務所へ出勤する姿、今年80歳になるプリツカー賞受賞の建築家の姿にしては痛々しい面もあるが、それをそのままカメラの前に見せて、脳梗塞後のリハビリ中だという姿、その生き方を周囲に開放するかのような姿勢。録画した、BS1の『ザヒューマン 面白いものをつくろうじゃないか~ 建築家・伊東豊雄』1月30日まで、渋谷の 松濤美術館で開館40周年記念 として『白井晟一 入門 』開催中の本日放送のEテ...

  • 2022年01月21日 0

    隣の西代川の河口では先日からクレーン車が来て何やら工事らしきものをしている様子散歩がてら覗きに行くと、川底の浚渫(しゅんせつ)工事をしている模様川の河口から、隣の海岸の所へ砂を移動川の上流から流れてきた砂なのか? 海から打ち上げられた砂なのかは判らないが、盛り上げられた砂の山を見ると相当な堆積になる。その横で、職人さんの車がユニークだったアルミホイールも乗用車並み!車の背面にスクリューが取り付けら...

  • 2022年01月20日 0

    県立ミュージアムで開催されていた最終日:16日遅まきながら、今年も観てきた会場の外には、子供たちが作った讃岐ならではの「ほうこうさん」が床一杯に並べられていて圧巻会場内は写真撮影禁止なので、ここはカメラに収めた毎年の楽しみ・・・会場外のDVD放映は今年は無かったのが残念・・・  ...

  • 2022年01月15日 0

    庭で咲いている<ロウバイ> 顔を近づけると香しい香りを感じる空に向かって元気よく、正月の花東の庭にも咲いている、ボケ。今日は黄中菊と併せて瓶花に生ける西代川には、20羽ほど、ホシハジロの群れが今年もやってきた中には、昨年生まれたのかと思えるほどの幼鳥もいるお隣の庭から、アツバキミガヨランの蕾が大きく伸びてまもなく開花寒風吹き抜ける中・・・・・動植物は春に向けて元気に息づいているように見える冬ならでは...

  • 2022年01月13日 0

    『・・・・愛ということは、十分に慈光を与えて、じっとこれを温めてやり、見守ってやって、自然の成長を待つことであります。…中略…書に対する愛も、書を見ることから出発いたします。ただ書を観る事であります。「みる」とは、邪念なしに、いろいろの考えなしに見るのであります。その時、良いところを見ようと努力して、これを見るのであります。悪いところは、見る必要がありません。よいところを見ようとして、自然な心で、じ...

  • 2022年01月12日 0

    昨夜の食事は覚えているが、一昨日は何だった? その前は・・・・記録しておかないと、すぐ忘れている先日の冷たい雨も、カメラに収めた写真を見ながら思い浮かべる西代川のマガモは、更に少し前の日だった?香ばしい鳴門金時の匂いに誘われてマルナカの玄関口で買ったことそして本日の<かな>の稽古<かな>は日本特有の魅力がある~ と思いつつ、眺める。  ...