FC2ブログ
らんたいきんま
- 2020/03/19(Thu) -
キンマ茶箱1 キンマ茶箱2

フランス王室の御用達の工芸品
・バカラの(Baccarat)小さな村の本社工場から展示された品々
・ショーメ(CHAUMET)のダイヤがちりばめられたティアラ
・ゲラン(GUERLAIN)調香師の仕事ぶりとオートメーションで瓶詰めされる香水瓶
昨夜録画していたBSプレミアムの再放送を見たことが心に残っていたのか
フランス職人たちの目を見張る技を思い返していた
現場からの帰り、お昼前に高松市立美術館で開催中のバウハウス展を覗いておこうと車を走らせた

結果的には、そのバウハウスの展示よりも私の心に響いたのは、昨年亡くなられた無形文化財保持者・太田ひさしさんの作業ぶりをDVD放映中、1階の常設展示室で観れた事が今の私には、刺激になり何より良かった

石膏での形作り➡ 竹を割いて材料造り
下地として作る、竹で網代に編んだ二重の籠の上に、漆と和紙で下地を作り
さらに糸を巻きつけて形状を縛り、その上に漆で固める
塗り重ねた漆に研で絵を掘り込んでいく
1mmの間に4本の溝を切り布目模様に下地を作る
(この時のみお弟子さんに定規の片方を持ってもらう)

薄く細い竹を網代に組んだ局面をあらかじめ削ってある桜の内籠に貼り合わせる
漆で固めてほぼ形状が出来上がると中身の木をバラして抜く
この蟻組した桜材の無垢材下地も一人で作る。(この木組み仕事は製品として残らないが見ごたえ十分の品物)

その軽さが信じられないとばかりに華奢で丈夫なつくりの箱
(らんたいきんま)の意味がよく分かった
そして同じ寸法で絵柄の違う、「春風」「浅春」「春彩」とあることも知った

市立美術館に展示してある、「浅春」は まじかに現物が見れて
その2年間という掛けられた手間を想う時、フランスのショーメの職人さんが小さなダイヤを見事に爪を立てながら止めている姿を思い出していた

気の遠くなるような準備作業と少しずつ自分一人で作業をしていた 太田さんの姿にものつくりの姿勢を励まされる思いだった
昨年88才で亡くなってからも、展示されている品々の見事さに感動させられた。

池越しに休憩中に太田さんが外を観ている風景が、よく見たことのある景色だったので、後で調べて・・・・・
屋島の太田さんのお隣が大西忠夫さんの家でその向かいが友人の吉岡直樹さんの家、そのお隣が亡くなった山本忠さんの家であることもこの時知った。

太田壽1 太田壽2020
バウハウス展 バウハウス展2



スポンサーサイト



この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |