FC2ブログ
日本のバラ
- 2020/03/10(Tue) -
草柳大蔵 花のある人1 草柳大蔵 花のある人3
 野村克也監督に読書するきっかけを教えられた草柳大蔵のことを調べていると
「花のある人 花になる人」と云う本 を知った
その中の文章で、パールバックが日本に来た時の紀行文のようなエッセイを知る
「過ぎし愛への かけ橋」 (1963年のこの本は県立図書館のデータにあった。)
借りて来て、読み返すと、草柳さんはその女性を妹さんと姉を間違って受け止めて書いていることも今回判ったが
100話エッセイの中、この知識の広さに感心する

1960年ころの日本人女性(姉といわれている人)の和服を着た控えめな しとやかさと 国際的に見ても十分魅力的な人格である日本女性の、観察力に感心しながら、バラは西洋でも咲いているが、日本の家で床の間に飾ると、日本のバラになる
日本女性の存在感もそのバラと同じように見えるという、パールバックの日本びいきしたエールのように読み取れる

<花のある人>から滲み出る 生活態度 過ごしてきた人となりの歴史がそのまま出るものだろうか・・・・
草柳大蔵さんやパールバックの視線になりながら、考えてみた

過ぎし愛へのかけ橋2  過ぎし愛へのかけ橋3

スポンサーサイト



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |