FC2ブログ
唐揚げの味付け
- 2020/03/01(Sun) -
フカヒレたまご からあげ1

友達と一緒に中華料理を食べていて
唐揚げの味付けが、いかにも中華風味で、口に含んだ時の表面の触感もよく
口に広がる味と、鼻に抜けてくる香り
プロの中華の味だと、感心しながら味わった
その時に、脳裏に浮かんだのは、先日読んだ児童文学のくだり
姉の婚約者が家に初めて訪問してくる日。
両親も家族中緊張してその時を迎える・・・・
料理担当の母は、唐揚げその他を何人分もの量を朝から作り続けている
食べきれないほどの山盛りの唐揚げを、主人公が見つめて。
それを初めて口に含んだ・・・・・・そのシーンのことを思い出していた
お母さんは、その唐揚げに下味をつけるのを忘れていたのだ
鶏肉に片栗粉をつけてそのまま、揚げて出来上り~ と思っていた
主人公の不安そうな心の揺れ具合を思い出しながら、その中華味の美味しい唐揚げを食べていた
お母さんの・・・・顔から火が出る思いの失態振り。
たしか、「薫は少女」中島信子・著、の一コマだと思い出していた。

でも「中国酒家」のスープも唐揚げも、エビチリもすべて20年前の味そのままだった
40歳過ぎの頃を思い出しながら、高松の街角の景色や友達の表情を・・・・・
唐揚げの隣で皿に盛りつけられた
鳥の姿に作られた野菜の見事な彫刻に目を奪われながら

中華の鳥 薫は少女2


スポンサーサイト



この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |