FC2ブログ
ステージ観劇 2題
- 2020/02/10(Mon) -
春風亭一之輔2 春風亭一之輔独演会2020年

シーンとしたホールの中、落語家一人が800人の聴衆を前に古典の噺を今風に語る
ただそうした語りに、どれほどの稽古が必要だったのか、人気を得るまでにどれほどの縁に恵まれたのか
そのシンプルな舞台準備に・・・・・・帰宅して思い浮かべていた
話慣れたテーマを余裕をもって楽しく、春風亭一之輔さんは体をゆすりながら語ってくれました
「初天神」 と 「ねずみ」の 2題


それは、その後三木町文化交流プラザで開催されたプチミュージカルの演技と舞台装置の丁寧さには
脳裏の残り、心に届くものがあった
稚拙な演技や、脚本の不足分はそのエネルギーで全体を補いうるものがある
ファッションに対する生き方を象徴するような心の動きを小学生の視線で描いている
作者の白川恵介さんの製作ノートがパンフレットに書かれていて、そのリサーチ内容が何より良かった
毎年見せてもらいながら、素人劇団とはとても思えない力量に感心しながら・・・・・・帰宅する

土曜日の稽古は、来週の研究会の稽古 ならぶかたち 芽出しアジサイと チューリップ 玉しだ  ソリダコ

先日からパソコンのメール受信とネット接続がトラブっていて困り果てている
そのことが脳裏から離れずに舞台を眺めていても・・・・・・気もそぞろに動かないPCに心を奪われている週末


レグザム小ホール20200209 プチ三木町文化交流プラザ 
プチミュージカル2020年 芽出しアジサイ32




スポンサーサイト



この記事のURL | 映画・TV番組・音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |