FC2ブログ
99才にして
- 2019/10/11(Fri) -
経営理念を語る 多田野弘20191011  キュープラロス・死ぬ瞬間

今朝、高松のホテルパールガーデンで聞いた講演は静かな声ながら、心の奥まで届く内容だった
昨日99才になったという、㈱タダノの名誉顧問の多田野弘さんの講話
17歳で海軍の予備訓生として入隊して、一年間の不条理極まりない毎日の鉄拳制裁に耐えると
人間は見違えるように、全く変わったという。
そしてその後の戦争体験が、今の自分を作ってくれたという
両手に杖を突いて歩いて会場入りしたが、かくしゃくとした話しぶりはよく届く声ではっきり話された
会社が繁栄する会社と潰れる会社の違いは・・・・
利益を追求する会社は潰れる。
社会に貢献する会社は繁栄する。
何の為にという事業の目的が間違っていないこと。
シンプルで判りやすい説明、しかも実勢と経験が語らせている説得力。

利益を生まない会社は社会の寄生虫。。。。<松下幸之助>の言葉を借りて

生きる意味を理解しないうちは、働くことが喜びにならない
働くことが自己実現の場である場合、人間は働くことで社会の一員として貢献し、役割、生きがい、喜びを得る

後で頂いた、冊子 『経営理念を語る』
よい指導者とはどんな事ができる人?
4項目にわたり明記
①人を育てる
②本人の自発性
③動機付け
④他から称賛される

人の上に立つ人とはどんな人?
①心身とも健康
②哲学を持つ
③人間的な魅力を持つ
④孤独に強い

来年100才になる人の頭の中身は全然さび付いていない
姿勢の正しさと共に生きざまに感心させられた今朝の講話でした


最近読み返した、エリザベスキュープラロスの『死の瞬間』
読み返しながら、ほとんど赤線を引いた部分を忘れていたな~

我家の庭のライラックは狂い咲きで小さい花をつけました
決して、多田野さんの背中を見て咲いたのではないと思うけど
きっちりと咲いています

先日、姉さんが届けてくれた黄色のヒガンバナも満開になりました
今週末は大型の台風が来るらしいけど…被害が多く出ませんように
祈る思いで・・・・・・・空を見上げる


ヒガンバナ満開2 リラの狂い咲き1


スポンサーサイト



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |