FC2ブログ
遅れて届いたプレゼント
- 2019/08/29(Thu) -
日の出前43         絶望名言21


大川オアシスから、夜明け前の am:5時 の景色

国東時間㈱より届いた、誕生日プレゼント
サイのダンボール模型
これまで購入したヒダリテ と ネコ
レーザーで切り抜かれたこの模型には、毎回感心させられる
その発想と立体が見せる、出来上がりのユニークさ
会社概要として
元建築家が社長とプロフィールに書かれているが、
三次元のこの立体表現には感心させられる

ラジオ深夜便で知った書籍 『 絶望名言 』
ディレクターの声掛けと、プロデューサーのおおらかさ
そして著者の頭木弘樹さん

この名言集には、悲しみの痛みを経験した人のみが共鳴する悲しみの弦が響いている

ヒダリテと猫2 サイ3

サイ2 サイ1

ヒダリテ




スポンサーサイト



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨の降る日に
- 2019/08/27(Tue) -
雨に霞む2  残暑お見舞い
先日読んだ、関川夏央さんのエッセイに伊丹十三さんのイギリスでは<ジャギュア>(ジャガーのこと)  
と発音することなど、最後に書かれていたので
懐かしくて、また思い出せないもどかしさと共にもう一度手に取って読んでみようと本棚から取り出す

最初に読んだのはいつ頃だったのか思い出せないが、読み進むうちに伊丹十三の世界を再び垣間見るようで、才人の視線の向こうを眺めるように、再度読ませてもらった。
伊丹十三は64歳で亡くなったが、私はその年を通り越してもう4年目になるのかと・・・・・年上だけど、後輩という、妙な感覚になる

雨に濡れた現場はどんな風になっているのか心配しながら、机に向かう

残暑見舞いで頂いた、ゴディバのチョコと 別の方からの 聘珍楼の中華饅頭を見ながら、中性脂肪を気にしながら
いつ食べようかと~  送り主の方を思い浮かべる。


ヨーロッパ退屈日記女たちよ再び女たちよ!日本世間噺体系




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中性脂肪
- 2019/08/25(Sun) -
盛花 木苺とクルクマ 中性脂肪
今年のさぬき市の案内する特定検診の結果、特別問題点はないが、昨年より少し数値が悪いのが中性脂肪だといわれる
心電図、血液検査、前立せんがん等、その他の数値は問題なし
中性脂肪の基準範囲が30~149mg に対して、一昨年は154mg。 昨年は 150mg。 そして今年は 162mg
いずれも基準値を超えているので、注意する食事などのパンフレットをつるわクリニックのドクターから頂く
薬を投与するほど深刻ではないが、徐々に数値が上がっていることが問題との事
運動と食事療法で数値の軽減を促される。
体重をあと4~5kg落とさなくてはと自分に甘い自制心を反省する~

土曜日の稽古は、木苺・クルクマ・サファリサンセットの3種生け
傾斜型・盛花
木苺の葉に霧吹きを掛けえると・・・・一段と涼しそうで夏にふさわしい枝ぶりが出来たと   思った

マグカップ(スケッチしてみた)にミルク紅茶を入れて、本日の読書は 
関川夏央 著  『砂のように眠る』
戦後の復興期の日本の時代を象徴する小説と、評論エッセイ

『やまびこ学級』無着成恭(むちゃくせいきょう)著 の東北農家の貧困生活のリアリティーには、今読んでも、胸締め付けられる





        マグカップ紅茶用1                砂のように眠る 夏川夏央


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中山町の上棟式
- 2019/08/23(Fri) -
秋津賞1 先行足場1
 朝5時前に高松市東ハゼの集会所へ、秋津賞の応募作品の提出
その延長で、家庭倫理の会に出席

帰宅して再度車を高松へ
中山町の上棟です
昨日先行足場が完成して、雨の降る中、レッカー含めて顔見知りの 9名のスタッフで上棟工事を進めていた

夕方、4時半ごろには上棟式の御祓いを棟梁の I さんが執り行う

それを見ていたのは、ミ~ンミ~ンと 泣き続けていた蝉です


棟上げ01 棟上げ1

棟上げ2 棟上げ3




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誕生日
- 2019/08/21(Wed) -
夜明け前20190821 山の家二人作業中20190820
月曜日に、長女の婚約相手家族と高松で会食
初対面という親たちが緊張する中、見せてもらった、エンゲージリング
側面にも小さなダイヤが止められていると・・・説明聞くまでそれがどれほどのものか理解できなかった

火曜日の山の上の現場は、雨上がりの足元が濡れる中、二人の大工さんたちは無口に作業中
私は、週末の上棟式の準備物などの相談を、クライアントご夫婦として、大工さんと再度当日のことを事前打ち合わせする

事務所裏庭の赤い百日紅(さるすべり)は今日も満開・・・あとどのくらい持つでしょうか?

21日今日は、私の誕生日、ささやかなメッセージとプレゼントが届く
この場を借りて、御礼申し上げます~

そして家では、小さなケーキを頂いて・・・・・・68才になった。


百日紅 赤 エンゲージリング2


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ