FC2ブログ
手になじむ
- 2019/07/08(Mon) -
モールスキン手帳  万年筆54

この手帳を使い始めてもう20年以上になるでしょうか
イタリア製のモールスキンの名前を知ったのは、ヘミングウェイが使っていたということを何かのエッセイで知ってから
そのうち使ってみようと、スケッチブックからウィークリーの手帳に変遷し
今では18ヶ月使用のこのタイプになった
年末に手帳を書き換える不便さを克服して、18か月は半年ラップしているので
新しいものに移行するのに、気を遣わないで済む
内ポケットも付いているこのタイプを気に入り、使い慣れたお陰で、他のメーカーに替えようとは思わない

筆記用具の万年筆もいろんなメーカーのものを購入して使ってきたが
一番手になじむのは、モンブランのマイスタースthiチック146 ペン先はM

そして腕にするのは、セイコーの機械式時計
グランドセイコーのスプリングドライブと 
外国限定で売られているセイコープルミエ・オートマティック
並行輸入品を購入した

セイコーというメーカーの機械式時計の正確さと、シンプルさに浸りきるように使っている
作り手の意気込みと魂のようなものをこの時計から感じ取れる
リューズを巻くか腕につけてオートマティックの振動を与えてなければ・・・この時計は止まる
まるで生き物の様に・・・・

万年筆も腕時計も同じ時を一緒に歩むように手になじんで長く大切に使おうと思わせる 代物です
きちんとメーカーに修理を出して手入れすると、50年~100年ぐらいは十分使えると思う
子や孫の代になっても、尚この道具が使われていると将来を想うと・・・・本当に大切に扱おうと‥‥心が弾む!

腕時計3

スポンサーサイト



この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |