FC2ブログ
心に響いた文章・会話
- 2019/07/07(Sun) -
砂丘を歩くサルトル4         大友良英3

興味が沸く話題は関心のアンテナが伸びて、いつしか心の扉が開いている
だから繰り返し心の奥で復習するようにその文章・会話や話題が響いている

NHK番組『100分de名著」のプロデューサー  秋満吉彦 著 『行く先はいつも 名著がおしえてくれる』
サルトルが前のめりに砂丘を歩く姿が表紙の写真になっている
読み進むうちに、なぜ表紙がサルトルなのか、著者の思い入れの深さと共によく判る
このように読み手の心を捉えた本は、仕事の手を休めて、あっという間に読み終えてしまう
その番組の背景をメイキング映像の感覚で読ませてもらった

先日のNHKラジオ <すっぴん 金曜日>の『MUSIC SCRAP☆NEO』 の講師役 大友良英の先週のテーマ
<即興演奏とは何?>   論理明晰で優しい言葉とシンプルな説明が納得
フリージャズの魅力、 音楽のことなど平明で新鮮な切り口は感動・・・・・・・する番組だった
合わせて、スマホにダウンロードしている 大友良英の 【 GEKIBAN 1 】 を聞く
特に、「そのまちのこと」 「あまちゃんのテーマ曲」 の二曲は俊逸!

土曜日の生花稽古は 七宝を使って今月の研究会の観水型 そけいとばら
日曜日の秋津書道の稽古の後に

85mm単焦点レンズの稽古
紫陽花(ダンスパーティー)
木彫のある本棚
コクチナシ
高松駅周辺の景色


そけいとバラ 観水型2 ダンスパーティー342

本棚の木彫3 コクチナシ43

高松駅から2 高松駅から3




スポンサーサイト



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |