FC2ブログ
見えないものに、耳をすます
- 2019/07/31(Wed) -
カラスの早朝出勤3        パーティション1
朝焼けの東の空を、丹生北山から出てきたカラスの出勤風景
毎朝、この時間帯に津田、志度の町へ飛び立ってくる
カラスたちにとっては、祝日も土日もなく、毎日出勤するので皆勤賞ものです
仕事には、突発的に急ぎの用件を言われることがある
今日の昼もそうだった、三本松のホテルのパーティションのハンガーレールがビスが抜けて・・・下がってきている
至急どうにかしてほしい・・・!  携帯にかかってくるその声は、悲壮感が漂っている

仕方なく仕事のシフトを変えて、三本松へ・・・・   どうにかスタッフが応急手当てをしてくれていた・・・・一安心

事務所までの帰りに、スーパーに立ち寄り、スイカを購入する
そしてティーブレイクの時間に、頂いた・・・・・・冷えててうまい!!  島根産だとか!  袋に書いてあった

スイカとデジカメは新しいレンズの練習のカット・・・・・・肉眼よりもデジカメの拡大写真は鮮明で、よく見える

そして仕事合間の立ち読みは、大友良英と稲葉俊郎 さんの対談本 「見えないものに、耳をすます」

もう一冊は、先日から、少しずつ読んでいる ルシア・ベルリン 著『 家政婦のための手引書 』

どちらも、表題とはかけ離れて、内容がぶっ飛んでいて・・・・・・刺激的
岸本佐知子さんの 帯のコメント
「このむき出しの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、とにかく読んで揺さぶられてください」

まさしく、ルシア・ベルリンのこの言葉遣いの表現と内容には、圧倒される

一段落したら、また続きの仕事だ~

すいか 3 NEX-5R ミラーレス
 
        見えないものに、耳をすます 大友良英                 ルシア・ベルリン著


スポンサーサイト



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
基礎レベル 
- 2019/07/29(Mon) -
夕焼け3 原寸型板3
朝のうちに、大工さんと中山町の登り母屋、原寸型板のチェック
今日はスマホのShapeinfo のアプリで斜辺の寸法を原寸確認する

昼から、中山町の現場で基礎立ち上がりのコンクリート打ち
セルフレベリングのモルタルのレベリングの手順を確認する
レベルビス  レベルの寸法確認と  それぞれ高さ調整

そしてセメントペーストを流してレベルを決定する
猛暑の中、休憩を取りながら職人さんたちはせっせと段取り通り仕事を進める
彼らの逞しさに、感心しながら現場で立ち会う

斜辺shapeinfo2 斜辺shapeinfo1

レベルビス3 レベルビス4 レベルビス5

レベルビス6 原寸型板7

レベルビス8 




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
24時間換気
- 2019/07/27(Sat) -
台所換気扇1 浴室換気扇1

台所の換気扇と浴室の換気扇は、このところ24時間作動したまま換気している
家の給気口は二階の寝室の窓を網戸にして開放している
寝室にはいつも新鮮な外気が流入しているが、昼間は外と同じで暑くて大変だけど、夜十時以降は冷えた空気が流れてくる

(換気扇)40w × 24h × 30day =28.8kwh
1kwh 26円とすると 120~300kwh・・・・・⇒ ≒¥700/月

エアコンを節約する時のイメージはこの電気計算が根拠になっている
今月から、四国電力は新しいメーターに切り替えたので、電機メーターの検針には来なくなりました
電力会社の方に直接使用電力のメーター数値が読み取られることになり
検針する作業員の手数料が楽になり、その価格が54円の値引きらしい

電気を節約しながら、いつもこの季節を過ごしたい・・・・と思いつつ。
でも電力会社は原子力発電の廃棄物処理を将来に負の財産を残して、電力検針の省略化を着々と進めている
本当にこれでいいのだろうか?
本質的に、対処しなければならないのはこんなことではないと思わないのだろうか・・・・・政府も電力会社も

今月からのデータ送信による請求書・・・・・・先月までの検針に来た時の請求書

今日の生花稽古
瓶花: 傾斜型
雪柳   黄中菊

正面の姿と側面の姿を見る
側面は異様に前傾していると見えているが、正面から見るとそれが丁度の角度・・・・
日本の生花様式はこの二面性を見た時に感じるな~

      電気代領収書1              電気代領収書2

瓶花正面1 瓶花側面2



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
登記簿変更申請
- 2019/07/26(Fri) -
倉庫棟21       登記手続き相談1

固定資産税評価証明書の書類を取りに行った

わずか二人の職員が、間口4m 奥行 8m の部屋にいる。
 この津田支所は今年5月から月・水・金の三日間のみ
受付けをしてくれるようになった
それ以外に、この庁舎には人はいない
合併する前は、この庁舎に50~80名くらいの職員が働いて居た

開業日以外は志度の本庁舎へ行かなくてはならなくなった
それを以て、寒川町の法務局へ行くと、ここも火曜日と木曜日のみ  登記相談を受け付けているという
官庁関係の施設は、どんどん小さくなり
窓口は、少しだけになっているのを見ると、過疎化がこの施設のありさまを反映している

5年前の建物リフォームにより規模が小さくなったので、登記簿を修正してほしいといわれていたので
このことを、土地家屋調査士の知人に話すと、それはご自分でできますよ
設計できるから、これくらいは簡単です・・・・できる! できる!  と言われて
自分で登記変更手続きを進めることになった
動き始めて初めて判る、煩わしさと市役所や法務局へ証明書を取りに行く事

調査士さんへの報酬支払いを 確かに必要だと思いながら・・・自分で進めている

倉庫棟22 スレート倉庫22


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プレカット工場
- 2019/07/25(Thu) -
プレカット打ち合わ3 三本松方向を見る32
8月に上棟する中山町の山の家、その構造の打ち合わせ
小屋組みは手加工、下部構造は機械加工が可能なのでプレカット加工を行う
その取り付け部分の最終的な詳細打ち合わせを大工さんとプレカットの設計者と私で

打ち合わせも一段落して材木置き場へ足を運ぶと、小高い丘にある工場から三本松方向を眺めると
大川中学校と三本松のビルが見える・・・・・のどかな景色
先程まで頭を悩ませていた細かいことが よその世界のようで・・・・・ほっとする

柱・土台の桧はビシュウヒノキ   岐阜の山奥から送られてきたものを使う


プレカット打ち合わせ きそひのき32



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ