FC2ブログ
我身ながらの師匠
- 2019/03/30(Sat) -
ボケ54 リラ4

その道に入らんとおもう心こそ 我身ながらの師匠なりけれ   千利休

朝のコーヒーを入れながら、台所の窓から外を見ると、ヤツデの横でボケの花が満開
その枝ぶりが個性的で、目を奪われながら 眺めていた

その枝を切り取って、生けてみようと思う心が湧いてくる

花器を横に置いて、切ったばかりの枝を目の前で回しながらどの角度がいいか
どの枝ぶりが不要か
どの蕾が不要か

蔓が枝に巻き付いている部分もなかなかだと思いつつ・・・・

川瀬敏郎さんが 枝ぶりを眺めている姿を思い浮かべていた

そして、花器も先日信楽で頂いた 徳利を使ってみようと決めて

朝食後に、さっそく鋏を手にして 切り取って 生けてみた
足元は回転しないように、縦割り留めで

千利休の 利休百首の 句を思い出しながら

生けてみようと思う心こそ・・・・自ら師匠だと思いつつ

裏庭のライラックは少しづつ開花し始めました・・・・春です





スポンサーサイト



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生花
- 2019/03/29(Fri) -
イベリス2 生花2

花屋さんから鉢物の胡蝶蘭が届く
メッセージカードには、お疲れ様のメモ
奥さんがこの春、定年退職するので仕事関係者からのお祝いの花花花
母屋の玄関、食堂、私たちの家の玄関の下足箱の上にも花が所狭しと置かれている
お店の開店祝いのような様相だと思う

たくさんの人達のメッセージカードから、仕事を通して人間関係を作ってきたことに・・・・・・・読んで感心する
庭のチューリップも、イベリスもシクラメンも満開
お疲れさまと、ねぎらうように・・・・・

シクラメン55 チューリップ43


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
火山のヤマザクラ
- 2019/03/27(Wed) -
ヤマザクラ1 ヤマザクラ2

敷島の大和心を人問はば 朝日に匂う山桜花    本居宣長

火山のヤマザクラが咲く頃毎年この句を思い出す
ヤマザクラは、近寄ってみると、赤い葉の新芽も一緒に花が開花する
これを、本居宣長は一番の花だと 大切に望んだ
自分の墓の横にも植えるように遺言しているくらいに

火山のヤマザクラは、この山里に春を告げるように今から全開花するでしょう
横切るときに見かけた、高松方面に延びる線路はどこか郷愁を誘うようにまっすぐに伸びていた

今朝の三本松でのMSは タブトさんの 会員スピーチと 砥部から来られた ナカシロ先生の講話でした
タブトさんの ヒューマンドラマの映画が好きという最近のことを話され、その話しぶりでどれほどか映画マニアであることかをかんじさせてくれました。

ナカシロ先生の講話は、「老いも認知症も妻も諦めて生きる」 昨夜の経営者の集いは「本当の責任の取り方」
含蓄のある話題を親しみやすく気さくに話していただき・・・感動。

お二方とも、心に残るスピーチでした 
会場には少し早い ヒマワリが元気さを振りまく様に開いていた

志度の家のお客様から勝手口の扉の施錠の件で相談の電話
急ぐようなので・・・・すぐ駆けつけて、ドライバー一つで解決完了・・・・ほっとした奥さんの表情が一番のご褒美!

線路3 ヒマワリ4

志度の家1 志度の家3



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪小屋上棟
- 2019/03/25(Mon) -
薪小屋1 薪小屋2

五名の薪小屋、無事上棟終了。
五名で伐採した杉材を使って、合掌組
あとは屋根を半透明のポリカで葺いて完成の予定

日曜日の夕方には、高松テルサのロビーで生花展の撤収

庭のコーンフレークも満開、ボケも咲き始めた
いよいよ花咲く春です

書道は行書提出分の稽古中

週末の生け花稽古は瓶花 菊の二種生け


薪小屋3 花展33

みんなの花展3 額生花3

スノーフレーク4 ボケ開花3

書道稽古34 瓶花 直立型32






この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
途方もない困難の向こう側
- 2019/03/23(Sat) -
シドニーオペラ11 シドニーオペラ22

2020年に東京でオリンピックが開催されるそのメイン会場がザハハディドの当選案から平凡な日本の建築家の案に変更になったことを想うとき
シドニーオペラハウスのことを連想する
国際コンペでデンマークのヨーン・ウオッツオンの案が最優秀となってから当時の技術で途方もなく困難を極め、工費も膨れ上がり
途中で設計者は本国に帰ってしまうありさま
でも60年前にイギリスのオヴ・アラップの構造エンジニアたちの協力の末、ついに完成した
今や、
いくつもの変更を乗り越えこの建物はシドニーのシンボルともいえる財産になった
今度の日本の国立競技場はその障壁を乗り越えようとしなかった妥協の産物として完成するのだろうか?
それ以上のリベンジを見せてくれるのだろうか?

東京駅から中央線に乗って車窓から見かけた工事中の競技場のことが気になった

シドニー0 シドニー2

シドニー3 シドニー4


この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ