FC2ブログ
山本忠司展
- 2019/02/05(Tue) -
建築家 山本忠司展

耐震診断の諸手続きや内容について市役所の都市計画へ寄った
さぬき市役所の北側の堤防越しに五剣山や大島、小豆島を眺めながら、建築家・山本忠司さんは、この志度で生まれ県庁職員になり、公務員では珍しい建築家の仕事に恵まれた人だったと・・・故人ゆかりのイサムノグチのアトリエやイズミヤのある方向に目をやる

現在、香川県立ミュージアムでは建築家・山本忠司 展 を開催中
故人と生前何度か顔を合わせたことがあったので、近しい建築家の半生を見るような展示会は珍しい
際立って印象に残る名作は、やはり瀬戸内海歴史民俗資料館だろう。四角い桝がイレギュラーに中庭を囲むようにレイアウトされた発想とそれぞれ固有の新旧取り混ぜてのデザインテーストは、今見てもこの時代として出色だと思う

もう一つのお気に入りはイズミヤ、石積みの壁と赤い立体トラスフレームの軽やかさのコンビネーション
アトリエ横の住まいとして住みにくいかもしれないが、やはり空間としての存在感が違うと思わせる

県庁とさぬき市役所への用を済ませる少しの時間を利用して、やっとこれた展覧会

山本忠司展1 志度湾12

スポンサーサイト
この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |