FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2019年02月 2/3

  • 2019年02月12日 0

      プロの洗礼を、悪魔の様相で浴びせかける鬼教師と、それを全身で受け止め、最初から動揺する初心者ジャズドラマーの物語個人の尊厳を無視したかのようなスパルタ指導は今の時代の教育という観点からすると批難こそすれ褒められることはないだろうしかしこの映画:「セッション」は、極度に緊張した練習風景から普通ではない異常な練習世界を見せてくれるジャズドラマー初心者が、その耐えうる心境を遥かに超えた向こうには尋常...

  • 県立公文書館で開かれた、 歴史講演会「歴史資料が語る真実」 に参加して 本郷和人先生の講話を聴いた約110分間のうち、30~40分間はTV番組に対する、苛立ちを覚えた本日の電話から私見を述べられた『 TV番組は 99% 嘘です~』 作られている番組制作会社のこと、視聴率優先で内容が吟味されていないことなど非常識なことを当たり前として、対応する人々の製作集団だと・・・・感情的に話された聞きながら、なるほどと納得...

  • 2019年02月09日 0

     住宅の構造を社会学的な視点で試行し始めた建築家:山本理顕にとって熊本アートポリスの設計者の一人として選ばれたのは、いくつもの偶然が重なっていた初めての公共住宅での試行として、熊本県保田窪第一団地が設計された1985年に当時の熊本県知事がドイツベルリンのIBA(国際建築展)という再開発プロジェクトを視察したことそれは、当時のその知事だった、細川護煕さんが磯崎新さんをコミッショナーとして選んだこと当時選ば...

  • 2019年02月08日 0

     朝三時半に起き出して、高松東ハゼの家庭倫理の会へ出席実践報告を頼まれていたので、7分間スピーチを済ませる7時過ぎに津田まで帰り、羽立峠まで来ると 雲の合間に朝日の昇るところだった車を停めて、カメラで写すいつもこんなに早く起きないので、早朝の時間に余裕があるそして再び、午前中に高松へ帰りに、香川のスイーツに掲載されているお店を探訪してみようと2店舗立ち寄る松島町の<ル・タン・デ・スリーズ>丸の内の<...

  • 2019年02月05日 0

    耐震診断の諸手続きや内容について市役所の都市計画へ寄ったさぬき市役所の北側の堤防越しに五剣山や大島、小豆島を眺めながら、建築家・山本忠司さんは、この志度で生まれ県庁職員になり、公務員では珍しい建築家の仕事に恵まれた人だったと・・・故人ゆかりのイサムノグチのアトリエやイズミヤのある方向に目をやる現在、香川県立ミュージアムでは建築家・山本忠司 展 を開催中故人と生前何度か顔を合わせたことがあったので、...

  • 2019年02月04日 0

     生花の支部総会と新年会を兼ねて、高松駅前のホテルで昼食を頂いた日頃なれない、フレンチのメニューを見て、シェフがこのメニューを考えて提案したのであろうと・・・・眺めつつ次々に料理が運ばれてきた最初の「小さなお楽しみオードブル」と名付けられた料理だけ中身が撮影できなかったが、その楽しそうなネーミングに感心しながら頂くミカンの形をしたパンが新鮮!フランス語もちゃんと書けなければ、フレンチのシェフは務ま...

  • 2019年02月02日 0

      三本松小学校の閉校に伴う記念誌を 先日、M さんが持ってきてくれた。募金を出していたので、配布してくれたとの事ページを繰りながら、中ほどの卒業生の著名な人の欄に、フレンチのショフだった志度さんが掲載されていて初めて、三本松の出身だったことを知った。この方を見て思い浮かべるのは、40年ぐらい前に屋島にできたレストランカーニバルのこと建築の設計は吉村順三、ロゴのイラストは猪熊弦一郎さんだった。クライ...