FC2ブログ
生け花の手入れ
- 2019/01/05(Sat) -
ひらくかたち多面性

今年最初の書道稽古日と生花の稽古が午前と午後になった
新年競書課題提出分と文化展の作品は、Y 先生に選んでもらった

 生花は、 ひらくかたち:多面性
花材(4種生け)
デンファレ・ゴッドセフィアナ・バラ・ニューサイラン

デンファレの水揚げのために小さなハードホルダーに入れられていた
このような時に花屋さんの気遣いを感じる

年末に生けた、門松のセンリョウがお辞儀をして・・・元気がない!
水引を解いて、ハードホルダーを見てみると案の定、水が枯れていた
ハイポネックスを入れた液も7日目には補給水が尽きるのだと・・・・今後のために記憶しておこう
針金を解いて、再度ハードホルダーに補給水を入れて門松を飾り直した

見えないところの足元をきちんと手入れすることを考えながら、赤芽柳の剣山のところを見ると
白い根が放射状に延びてきている・・・・・・・元気に活着していることがうれしかった

そしてカメラに写せなかったが・・・・・綺麗なカワセミが一羽、事務所前の西代川堤防の上に留まっていた
『水辺の宝石』と言われているその姿は、コバルトブルーの背中とオレンジ色の腹部が絶妙のバランス、これほどきれいな鳥がいるのかと、見入ってしまうほど。 
ポケットの携帯のカメラがあったのに取り出して写そうとしなかった。
餌となる小魚が豊富なのだと・・・・またの機会を楽しみに待つとしよう

ハードホルダー1   ハードホルダー2

でんふぁれ1   赤芽柳の根1
  

スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |