FC2ブログ
現場からの発想
- 2018/12/26(Wed) -
電動マルチツール 二年前に電気工事の職人さんが現場で使っていた蓄電池タイプのマルチツール。 コンセントボックスの穴明けのためにボードや合板をカットする道具。 以前は、先端が細い切り回しといわれるのこぎりを使っていた。
でも今回の床張替の工事では、大工さんが隅の合板を切り込むのに使われていた。 ケーブルの無い18vの蓄電池タイプの電動具。
刃先部分が細かく振動して左右に揺れてのこぎりの代わりをする。
現場からの要望に応えて、道具を開発する行為・・・・・進歩・改良してここまで来た工具の発展してきたことを感じさせる。
アタッチメントの交換部品も多く現場からの要求項目に対応して進歩 ・ 発展させてきたことを思わせる
最初は、設備工事をする職人さんの工具が、木工事をする大工さんにまで浸透してきたことの情報の広がるスピードに感心させられる。

私の乗っている自転車の部品も、ようく見ると、メーカーの人達の様々な工夫ぶりに、熱意と執念のようなものを形にしたのだろうと・・・・自転車が語ってくれる。

アレックスモールトン独特のフロントのサスペンション機構、硬質なタイヤの腕への反動を柔らかく受け止めてシルキーな反応を楽しめる
リアのクッションは、丸いゴム状の中間部材を入れることによるフレームクッションというユニークな形状。
いずれも、他のメーカーでは見ないこのメーカ-ならではの個性を感じる

ギアチェンジパーツは、アライの変速機ではなく・・・・・SRAM の 変速機。

中間部分のトラス構造の繊細なフレームを一つのボルトを軸にして接合。そこが分解可能なポイントにもなっている
前輪側と後輪側に分解できて、車のトランクなどに入れて簡単に運べるこの自転車の特徴

スピード感や快適さは抜群!
どこを見ても、現場からの要求事項に対する創意工夫を感じさせる・・・・魅力的な自転車だ
今からの寒風吹き抜ける季節はちょっと身が引ける・・・・・・とりあえず車にしておこうかと・・・・

自転車  スラム1

スラム2  フロントサス

リアクッション  フレーム


 

スポンサーサイト



この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |