FC2ブログ
内的うずき
- 2018/10/31(Wed) -
六時半の朝日2

先月26日のNHK 『100分で名著』のホームページに、司会進行役の島津有理子アナウンサーが、22年間務めたNHKを退社するというメッセージ。
44歳家庭・子供もいる中、今から医者になるために東大医学部へ入る準備のためだという。
そのきっかけになったのは、『100分で名著』の神谷美恵子の <生きがいについて>だったと

番組進行の役割上、事前に解説指南役の 若松英輔さんたちとの 熟読と内容の検討がなされたことでしょう
朗読やその時のイラスト、そして写真など、題材として取り上げた、<生きがいについて> 何度も 島津アナウンサーは自分のことも振り返ったのかもしれない
そして幼い時から、封印してきた本当になりたい自分の職業をいま一度開くときがこの時だったのだろう
神谷美恵子の生き方のように・・・・・・やはり医者になりたい、
最後のチャンスかもしれないと、思い切って方向転換したと思う
その勇気に衝撃を受けるとともに、 22年間のキャリアのあるアナウンサーの潜在意識を揺り動かすほどこのテーマの取り上げ方、 若松英輔の解説の丁寧さと熱意その深さに今一度思い浮かべて
人は唯一自分自身と会話するようなときが何度もある
そのたびに、惰性に流されたり、自分には無理だと諦めたりしがちだが、時としてリスクのある高い塀のほうにハンドルを切って進む事もあると思う。 心に浮かんだもう一人の自分の発動と向かい合いながら

この心の叫びのような内的心理現象のことを 哲学者の森有正は 「内的うずき」(内的促し)と言って、経験と思想の中で説明していた

一冊の本との出会いは書いた著者自身との出会いになり、読み手の生き方の方向おも刺激を与える。

月曜日の輝く朝日を思い出しながら・・・・・・感心するとともに、生きがいについて再び考えてみようと思った。

生きがいについて4  神谷美恵子3

スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ジョウビタキ飛来
- 2018/10/28(Sun) -
ジョウビタキ6

玄関周りから裏庭まで・・・朝から庭の手入れをして、切った枝葉を庭の隅のウバメバシの足元にためる
そして、スコップで穴を掘りその中に枝葉を埋める
土をかぶせると、半年もすると少しその盛り土が沈む
昆虫や微生物が小枝や葉を分解するからだ
一年して掘り起こして、再び同じように小枝や葉を埋める・・・・・そしてふたたび土にかえる

スコップで土を掘り起こしたときにミミズやダンゴムシ小さな虫たちが慌てたように出てくる
その虫たちを食べに来るのだろうか?
どこからともなくジョウビタキが飛来してきた
その黒ずんだ土の上に留まり近寄っても逃げようとしない
どのくらい逃げないのだろうかと更に近寄ると・・・・これ以上は近寄らないでと、ブロック塀の上に飛び移る
それでも遠くへ逃げようとしないジョウビタキ
今年もやってきました、秋から春先まで時々飛来してきます
我が家の庭に食べ物があるのでしょう・・・・
スマホで写真を撮ったのだが、ピンボケなので野鳥の会の HP より鮮明な写真を借りてアップロード

庭の香りはギンモクセイの甘い香しさに満ちて爽快だった

ギンンモクセイ2  ジョウビタキ9


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
木漏れ日
- 2018/10/27(Sat) -
秋の木漏れ日

ススキの穂の向こうに落葉した桜の枝、そしてそこに差し込む秋の木漏れ日は暑さは感じないがきらきらと輝いて 繊細な光を見せてくれている 中山町の進入路

倫理法人会の用件で、観音寺の有明浜まで早朝より車を走らせ、誰もいない浜を見る
振り返るように見上げると、天空の神社と称される、高屋神社の頂上も望める

高松市で見かけた、ハローウィンの飾りのついた生花
琴平で見かけた、アンスリウムとカーネーションの生花
心に優しさが甦ってくる

現場の鉄筋は見るたびにどんどん増えてくる
月末にはやっとコンクリート打設だろうか

どこを見ても秋本番

有明浜1  有明浜23

ハローウィン生花1  アンスリウムと

鉄筋工事32  鉄筋工事4



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
plan途中変更
- 2018/10/23(Tue) -
日の出56

設計途中で大幅な変更はよくあるが、工事途中で建物の東西を逆にする変更は今回が初めて
車両の進入路と傾斜路との取り合いの不具合が当初から課題を言われていた
でも仕方ないと半ばあきらめて、そのまま設計を進めてきた
現場へ何度も足を運ぶたびに、全体的な見直しをこの傾斜地からも・・・問われているようで
悶々としていた
そして今年の台風の風のことを想うと、不安は助長するばかりだった
いくつかのパターンを検討しながら、車の侵入もスムースで傾斜路の段差に対しても柔軟に対応できそうな形状が考えられた
クライアントと再協議の上変更後の図面を作成して、工務店担当者に知らせる

担当者はじめ、コンクリートの施工図、鉄骨の加工は半ばまで進んでいるという鉄工所の人
また新たに、オーバースライダーを6カ所設置するなど
煩雑な作業が待っている
関連業者の方々の反発を受けながら、無理を受け入れてもらって・・・・変更をすすめる

庭のギンモクセイが白い花をつけ始めたころに・・・


スケッチ5 スケッチ2

中山町計画7 ギンモクセイ2


 
この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
谷渡り
- 2018/10/21(Sun) -
谷渡り 様式本位 

今週の生花は、谷渡りを使った、色彩盛花・様式本位
かつて家元が考えた、七宝と使った様式
小原流を学ぶ基本型、書道でいうところの、古典の臨書と似ている

左の中間枝が曲がっているのは、枝ぶりの選択ミス
8本の谷渡りをあらかじめ癖を見極めて選べばこんな風にならなかった
手前に傾いた主枝の枝と同調するように、いけないのが様式の基本・・・・仕方なくそのままにした

バラと スプレー菊を使って3種生け
自由課題を与えられて、思い出しつつ・・・・・

帰ってきて、基本的ん考え方など様式の本を読みながら復習

パソコンのスピーカーは最近買い替えたブルーツース対応の JBL 小型ですが
意外と聞けています・・・・・・ 仕事の整理をしながら

JBLブルーツース スピーカー
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ