FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2018年07月08日 1/1

  • 2018年07月08日 0

    小説の書き出しは、書き手にとってどんな思いで始めるのだろうか?又吉直樹さんが、小説「火花」を書いたときに、書き出しの文章は、落語の『出囃子』 と似ていると言っていた書き手が最も気持ちを込めるところでもありこれから始まる、物語の導入部は、読み手に取ってどんな物語が始まるのであろうかと期待が膨らむところでもあるThe cop moved along the street, looking strong and important. This was the way he a...