FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2018年05月 2/3

  • 2018年05月18日 0

    山口県周南市へ倫理法人会の巡行で行ってきた山陽線を電車で岡山から博多へ行っていた学生の頃、徳山のところに来ると明るい工業地帯の照明でコンビナートの異様さに目を見張った長年車窓からのみ見ていた街に、初めて降りてみた工場地帯とは違う庶民の住んでいる下町へ・・・・遠石八幡宮で早朝からセミナー開始その時のテーマは「手習いの徳」書道について、実際に取り組んできた、本職の仕事以外の書道について語ってきました書...

  • 2018年05月15日 2

    日の出前のピンク色の 東の空本日聞いた録画から『人生は望むものと 望まないものが 同時にやってくる』 若松英輔神谷美恵子の「生きがいについて」の解説をされている時の説明で言われた言葉を発する人の心が突き刺さるように心に届くその言葉は、そのまま心の中を吐き出すように語っていることなのかもしれないと日常の会話で、ふとそんなことも 合わせて 思い出す4年前から使わなくなったトラクターを借りたいという人が...

  • 2018年05月12日 0

    この靴を注文したことを忘れていたこの商品を観ながら、・・・・・・・netで注文履歴を調べてみた確かに、昨年の4月に注文していた、大塚製靴 M5-100注文したころを思い出しながら、確かに手元に届くのには一年かかると記載されていたが敢えて注文した靴ヒット商品らしく今では、一年半の待ち時間になっている履いて見ると、パンパンにきつい感覚だがフィット感もちょうどフィット感はオールデンのチャッカブーツと似ているが履...

  • 2018年05月08日 0

    どこでも一寸切れば私の生血がほとばしりだすような文字、そんな文字で書きたい、私の本は。今度の論文も殆どそんな文字ばかりのつもりなんだけれど、それがどの位人に感じられるだろうか。体験からにじみ出た思想、生活と密着した思想、しかもその思想を結晶の形で取り出すこと・・・    :神谷美恵子の日記:1960年7月3日今月から始まった、NHKの100de名著『生きがいについて』解説は若松英輔。著者も解説もお気に入りな...

  • 2018年05月07日 0

    昨年から取り組んできた、牛舎と堆肥舎の構造計算書がお願いしていた構造事務所から宅ファイル便で届いたデータがいくつのファイルで順序は? どうゆう構成なのか? 判り難いこともあったが、3棟に別れて建っていることもあり 煩雑になりやすい条件もある図面と共に、整理しながら プリントアウトする計算書だけで、≒1600ページ両面印刷しても、いつしか用紙が無くなっているデータが重いので、プリントするまでがゆっくりし...

  • 2018年05月04日 0

     つばたしゅういちさん 英子さん夫婦の老後素敵な過ごし方として、「人生フルーツ」という映画のお二人が気になって本を取り寄せ、読んでみた夫婦で力を合わせて畑仕事と食事を作り、食べる知人に絵手紙を書く金銭的には質素だが、体感できるくらし向きは裕福そのもの季節を 楽しく過ごす 老後の生き方とても素敵に見えました我が家の北勝手口横の鉢植え<ゆずりは>に 新緑の葉が伸びてきています古い葉もそのままに...

  • 2018年05月03日 0

    柳家さん喬含めて、今年四度目の落語観劇2015年以来、三年ぶりの玉藻寄席、立川志の輔 独演会レグザムホール小ホール800人の観客をしっかり受け止めて、普通に自分の世界に引き込んで落語二題「ハナコ」:45分「帯久」:90分当代一番人気の落語家らしい見事な噺でした特に「帯久」は落ちまで志の輔独自の解釈で聞かせる話だった途中、観客の携帯電話のコール音が長く響いて・・・・聴衆の気持ちをいらだたせるような雰囲気に...