FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2018年03月 2/3

  • 2018年03月20日 0

    坂出の現場、午前中に住宅センターの竣工検査も無事終了大工さんの意見で、今日のよき日に神棚を・・・・・とアドバイスI 大工さん曰く、神棚は大安吉日の今日がいいということで、近所の白峰宮へ天照皇大神宮のお札を買いに行く榊、神棚その他一式は、コメリで購入そのまま設置洗米・塩・神酒・水 を供えて 祝詞を挙げる鍵引き渡し、その他残工事の仕舞いをして、最後にクライアントと一緒に薪ストーブを組み立てるイギリス製...

  • 2018年03月19日 0

    スマホを載せた最新のマキタのラジオから、悲しみをたたえたバラード曲、中島美嘉の「一番きれいな私を・・」が流れている。よく建築現場で、職人さんが使っているBGM用のラジオだが真新しい品物。「このラジオは最新の機種ですね~」と Mさんに尋ねると「え~ブルーツース設定して携帯の音楽アプリから自動的に流れてきますね~18Vです」 値段も教えてくれた日曜日の朝から忙しそうに電気工事のMさんが給湯リモコンなどが...

  • 2018年03月15日 0

    一年半ぶりに観た、昨夜のwowow映画「湯を沸かすほどの熱い愛」中野量太監督やせたおかあちゃんが、病院のベッドでうつろに目を開けて天井に目を向けている、それを見つめて付き添いに来た娘(安澄:杉咲花)が、もうそろそろ帰ろうかとしている時・・・・泣き出しそうな顔を振り切り、きりっと決別するように「おかあちゃんを一人にしないから~絶対一人にしない~から」と感情的に声を掛けるシーン一年半前に観た時にはこのシー...

  • 2018年03月13日 0

    3月10日、人形劇場とらまる座で開かれた、「露の新治と柳家さん喬二人会」幕間に新治師匠があいさつに出てこられてお弁当のアルミは変色して解けるけど御飯はどうもならない梅干しのたとえ話(うわばみ(大きな蛇)が人間を飲み込んでどうにもならなく苦しんでいる時に赤い葉の草をペロペロと舐めると、どうゆう訳か見事に人間で膨れ上がったお腹が解けてしぼんでしまう・・)その赤い葉の草が食べ物だけを溶かすのでなく、人を溶...

  • 2018年03月10日 0

    自分のモヤモヤとした心の言葉を文章にして表現する作業は、小学生の時の作文に始まる。その行為は、少しずつ自分の心身の成長と共に心を見つめるレベルも変わって来た中学一年生の時、英語の授業で赤熊先生が、「君たちは日誌を書くとよい」 と言われた英語の授業に関係のない日誌を書くということを自分の体験を通じていかに良い事か熱弁をふるって語ってくれたその先生の授業のその言葉は今でも私の心の奥に残り、文章を書く心...

  • 2018年03月09日 0

     先日のキウイフルーツとホタテ貝のお返しに、 Aさんが 沈丁花の花束を持参してくれたそれを、花瓶に生けて事務所に置いてみると・・・・柑橘系の沈丁花の香りが事務所中に漂って濃~い匂いが充満している気にかけて頂いて、お返しをさっそく持参されたのでしょうかそんなつもりでキウイをご近所にお裾分けしたつもりはなかったが・・・いろんなことになっていると夕食時に家内から聞かされた配った相手先は川向いのSさんと樋...

  • 2018年03月08日 0

    昨日、お客様から「今日は事務所に居られますか~?   お伺いしま~す」 と電話での元気なあいさつしばらくすると、ご夫婦で事務所までこられて、プラスチックのコンテナ一杯のキウイフルーツと 新鮮なホタテ貝食べ方まで教えて頂いて・・・・・すぐにそのまま帰られたこれほど多くもらっても、食べられな~いし・・・・・・そこで、マルナカのビニール袋を出して来てキウイフルーツを10個ずつ入れて、近所のお世話になってい...