カーラジオから
- 2018/02/28(Wed) -
朝焼け28日
お客様から、昨夜にかかって来た電話により変更を余儀なくされ、昨日昼間に打ち合わせした内容では手戻りが出来る
水道工事や外構の土木工事をする人たちのために的確に変更内容を伝える必要が出来た
朝一番の仕事は書道の課題を作成して講師の先生へ手紙を添えて課題を郵送する事
返信用の封筒の切手も買う必要があるので、郵便局の窓口へ行く必要がある
その後急いで坂出の現場へ走りかけた時、会計事務所の担当者から携帯に電話!!
「ああ・・・そうだ! 今朝は確定申告の資料を渡す予定日」 どうしても引き返すことが出来ないので
約束の時間を午後一番に変更してもらった。
そう思いながら・・・・申し訳ないので、会計事務所の担当者にお詫びの印として・・・何か??
11号線を坂出まで走りながら・・・・・「森上屋のどら焼きにしよう!」
その予定通り、お土産を買って坂出の現場で職人さんたちに変更の内容を伝え
施主手配の支給品をお客様の母屋から探して手渡す・・・・
そしてとんぼ返りで、さぬき市の事務所へ帰って来た

車中、カーラジオから流れてきたのはNHK/FM<音楽遊覧飛行「エキゾチッククルーズ~失恋の音楽~>

失恋か~・・・・と思いながら脳裏には失恋は失敗とどこか似ているな・・・
恋愛が成就するより、仕事が成功するより
失恋したり、失敗したりする時の方が映画にもなるし、辛く大きな反省と成功への経験を積むことが出来る
失恋は決して憂うべきことばかりではない、失敗も素晴らしい経験として受け止めることが大切だな~

さぬき市から坂出までの往復の間、そんなことを思いながら車中で失恋の音楽を聴いていた

隣りの庭からはみ出してきている桜の枝には大きな蕾が膨らみ始めている・・・・もう春がそこに来ている!
大工さんは、押入の換気口を手製で作って設置してくれていた・・・・

換気格子取付  隣りの桜蕾1





スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坂出その後
- 2018/02/27(Tue) -
坂出65
坂出の現場は、足場が落ちて、外部の設備配管をしている処
内部はキッチンが設置完了
大工さんもあと数日で完了
外部回りの浄化槽設置と設備配管をしている処

慌ただしく、週末には土間のコンクリートを打設
三月中旬には工事完成をめざし、現場は今追い込みです

庭の紅梅と白梅が満開の頃
紅梅2  白梅1

この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薄茜色のそら
- 2018/02/24(Sat) -
薄茜色の朝2
薄い桃色から茜色にかけてまだら模様に朝焼けの空が横たわっている
昨夜は遅くなったが、叔母のお通夜に出席することが出来た
祖母の出身地である徳島県市場町からの親類の人とも久方振りに話すことが出来、時の流れの速さを想う
東かがわ市丹生から福栄の叔父の処に嫁入りしたのが54年前
母が仲人をしてこの縁結びをされたことを思い出す
人の縁の不思議さを、このようなお葬式を通して振り返ることが出来る
そして日頃年賀状だけのお付き合いしかできていない親類とも、ゆっくり話すことが出来る出会いの場でもある

東かがわ市白鳥で今日は昼から告別式
玄関の会場の玄関には<環浄>と書かれた提灯
会場責任者に尋ねると、浄土真宗の告別式お通夜にはこの提灯を掲げるという

色んなめぐりあわせを個人の葬儀を通して振り返るこの二日間

心の片隅に空洞ができたような寂しさと懐かしい気持ちが混ざり合い、参加者みんなしんみりさせられた


告別式初七日
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜明け雲
- 2018/02/22(Thu) -
夜明け雲
東の空は雲に包まれてすっきりと朝日を見せてくれない
それでも通勤車両はどんどん走り抜けていく
寒さも、幾分緩んできているように春の兆しを運んでひんやりとした朝だった

早朝から行くと伝えていた坂出の現場では、すでに大工さん二人が機敏に動いている
階段も取付完了、今日中には一階のボードを完了させるつもりだという、その後は二階の壁面を完成させて
大工さんの仕事は大きなめどを済ませられる

引田の現場で確認申請の表示が出ていないまま仕事を始めていると地元の人から土木事務所に電話があったと
建築指導課の人から私の携帯に連絡
急いで、事務所に帰りnetからダウンロードした表示版を記載して、引田の現場の横に立てる
これで、近所からクレームを言われないと・・・・職人さんたちもほっと一息

二月上旬に郵送していた書道行書の添削品が送り返されてきた
心と体を休ませる時間はない、これも進めなければと・・・・朱の入った添削作品を眺める
先生の懸命に書かれた筆先の後に目で追いながら・・・・

引田の確認申請表示2 階段上 添削解答1


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カモの群れ
- 2018/02/21(Wed) -
カモの群れ1
西代川に今年やって来たカモの群れは少しずつ増えて、20羽になっていた
カメラを向けると飛び立つ、ピンボケを覚悟で携帯のカメラで写してみた
透き通った冬の川面は小魚がよく見えるのだろうか、懸命に餌である小魚をあさっている

昨夜から今朝まで、倫理法人会の巡行で広島県三原市へ行ってきた
昨年年末亡くなった、母親のすぐ下の妹さんが住んでおられたのもこの近く
親しみを込めた優しい眼差しで接してくれた、あのSおばさんを思い出して懐かしさと寂しさが込み上げてきた
そして今夜、福栄の叔父さんの奥さんが亡くなられたと、兄から電話をもらった
叔父さんの結婚式の頃からお付き合いのあった伯母さんになる
厭味な印象は何一つない、一歩下がって抑制のきいた人のためにという生き方をされてきたのだろうか・・と思い出しつつ
悲しい話は連鎖反応のように続くのだと心は湿っぽくなった~

金曜の夜お通夜、翌土曜日が告別式
予定など仕事の都合と重なるが、告別式は出席しようと思う。

火曜日の三本松墓地からの朝日の写真を見ながら
墓地の朝日1
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ