FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2017年12月16日 1/1

  • 2017年12月16日 0

    明けの明星の隣に三日月が浮かんでいるその下を、通勤電車が目の前を駆け抜けて行く寒気が吹き抜けるこの讃岐においても、雪の便りを聞くようになった糸井重里が作詞した『雪列車』を  思いながら<匂うように 笑うように 雪がふる ・・・・白い景色 逃げるように 汽車は走る> 背筋を伸ばして歌い上げる、 前川清を想像しつつ、その電車を見つめていた水曜日の朝は、資源ごみを出す月に一度の日、ちょうど我が家が当番で...