FC2ブログ
広い敷地
- 2017/11/30(Thu) -
広い敷地

高松市中山町の山の上
広い敷地にこの度、牛舎を計画中
全体では20㏊  そのほとんどは斜面
使える敷地を利用して、建物を検討中

昨日は、サンメッセにて半日、省エネの講習会
OMソーラーハウスで検討した手法が今や義務的なルートとして建築一般に導入される
時代の変遷のスピードを感じながら、簡易ルートを学ぶ

坂出の現場は、薪ストーブの煙道出来て、週末には煙突を設置予定
点検口を確認・・・・

講習会省エネ  煙道1




スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
五名の紅葉
- 2017/11/29(Wed) -
五名の紅葉1
建築の相談を兼ねて
五名まで車を走らせる
さぬき市との境界近くから高松方面を見ると
谷間は紅葉です、そしてすすきも季節感を出して風にたなびいていた

薪で作られた、顔の絵が遊び心があり・・・・可愛くてカメラに収める
 今回計画する、スギの原木を見させてもらう・・・・・
50年生の杉の原木≒60本 これで十分できそうです・・・薪ステーション小屋
今から概要計画
来年の秋以降には上棟したいとの事
 
ススキ  五名3

杉伐採2  杉伐採



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
足踏み健康板
- 2017/11/27(Mon) -
足踏み

少し前に、倫理法人会で知り合いになったオオタさんから教えてもらった足裏健康の事
痛い経験を思い出して、お奨めの健康グッズを購入した

しばらく使わずに、そのままにしていたが、ここに来て健康のために
試してみることにした。
でも教わった通り、足裏が痛くて踏みしめられない
厚手の布を曳いて、どうにか足踏みが出来る
この足踏み健康板と長男に教わったスクワットを日課とするようにしようと思う
でもなかなか継続できない
する日もあれば、しない日もある・・・・私の悪い性格が出て困らないと適当なのだ~

でも週初めの今日は、痛い痛いと思いつつ・・・・健康板に乗っていた。

今日のティーブレイクのお菓子は 八幡通:パティスリー侑 のカヌレ オーブンで温めて 紅茶と共に
カヌレ 侑   週明け

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優劣のかなたに
- 2017/11/26(Sun) -
復習稽古2-2

学びひたり
教えひたる
それは 優劣のかなた
<大村はま>

優劣を忘れて、ひたむきな心で、ひたすらに励む
そう教えてくれた、大村はまさんの言葉は、今日も心を支えてくれた
今年最後の小原流の研究会
三級家元の私の課題は「花舞」
石化柳と鉄砲百合
結果は、準優秀の旗が立てられず、90点
今年5回すべて、90点でした
大村はまさんは、優劣を論じ合う世界でない、気にし合う世界ではないと教えてくれたが
採点され優秀でないと判断されると、快く思わないどころか ふてくされそうな気分にもなる

そして、稽古するしかないので・・・帰宅しても復習して生けなおす

そして、   優劣のかなたにと  自分に言い聞かせながら
仕事に生け花に  書道に励む・・・・・

今日の講師 Y先生の お手本生け花 「花意匠」ならぶかたち

ついでに、先日の四国書道展の大賞作品の臨書をする
なかなかこの行書体が難しい・・・・
書けども書けども・・・芯をとらえられないなzzzzzzzz~

      研究会1        研究会2

花意匠はらぶかたち  大賞臨書1



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カツラの落葉
- 2017/11/25(Sat) -
カツラの落葉

新しい芽が出てきている横で古い葉が色を変えて落葉寸前
カツラの木の枝の先を見ると、小さい新芽が出てきている
そうして、落葉し始めた葉も残すところ少なくなって、紅葉の季節に桂だけは
綺麗な紅葉を見せないが香りが抜群です
甘い香りはこのカツラならでは、毎年楽しませてもらっている

今日は坂出の現場で、薪ストーブの煙突部分の納まりの打ち合わせ
大工さんと板金屋さんを立ち会ってもらい、設置する施主さんの説明を聞きながら工事の順序を相談する

今までは、薪ストーブやさんにすべてお願いしていたが、今回は手配から設置まで素人の施主さんが行っている
慎重を期すために、何度も協議を行ってきた。
屋根工事を担当する板金屋さんの雨漏りに対する考え方と工法を聞いて改めてプロの認識を知る

今日の生け花の稽古は、花舞
石化柳と鉄砲百合
二回生けてみた
煙突穴確認2  煙突穴確認

花稽古2  花稽古1


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ