のどの渇き
- 2017/07/31(Mon) -
29日の土曜日は、早朝五時半より庭木の刈込をした
お盆前にどうしても済ませておきたい動機と、家内の手伝える都合からその日になった
昼前までかかって、道路沿いのカイヅカイブキ・庭のカツラ・金木犀・その他もろもろ

ブルーシートを足元に曳いて、脚立を立て、その間に道板を掛ける
剪定鋏と、先日買った、マキタの電動バリカンで刈っていく
去年は専門家にお願いして川沿いの枝を深く刈り込んで頂いた
その時の作業の様子をようく観察していて
いつもより効率よく出来たかと思う

二時間も作業すると汗がびっしょり、冷えた水を飲み休憩
そして再び作業再開、その繰り返し・・・・・水は2リットル以上飲んで補給したが

慣れない作業で、体力のなさを知らされる・・・・すぐに全身へとへと状態・・・・・・
もう少し基礎体力を常日頃訓練して置かなくてはと・・・・こんなとき思う
バスケットをしていた高校生の頃の夏の合宿を思い出す、こんな時もあったな~と
もう走れないと、へとへとになっていても、コーチの吹くホイッスルに合わせて
再びコートの上を走り始めている自分がいた・

『もう~しまいまいよ! ネコムデヨ~』という義母の声で終了

全身土砂降りの雨に打たれたかのような汗で濡れている
シャツも帽子もジーパンも、ベルトも靴下も・・・補給で飲んだ水がそのまま汗となって

作業を済ませ、シャワーを浴び、午後、家で休憩してクーラーの下でうたたねをしていた時
夢の中でも、のどの渇きを覚えて、冷蔵庫へ向かっている自分がいた
目覚めて思う・・・・
体は絞り切ったスポンジ状態、少々の水では補いきれない
それほどまでに、のどの渇きを覚えたのだと、自分でも驚く!!

剪定作業32  剪定作業33

剪定作業34  剪定作業36




スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ