CT検査
- 2017/06/29(Thu) -
年に一度の、<特定健康診査>を近所の「つるわクリニlック」で受診した
採尿・血液採取・体重測定・身長測定・血圧・心電図
追加で、前立腺検査(血液検査で)
さらに、右背中が大きく深呼吸をすると痛むので、肺のX線間接撮影・上半身のCT検査
心電図のグラフデータを頂くが、その内容はほとんど何かわからない・・・
ドクターにもほとんど判らないとのこと
(血液検査と尿検査の結果は2週間後に結果が出る)

本日、CT検査のデータはDVDに記録してデータを頂いた
X線の画像を見ながら、たぶん過去の、幼い時に肺炎を起してその痕がこれですと・・・

喉の器官部分から下に下がって下腹部に至るまで連続して内容を見せながら説明を加える
さらに背中の痛い部分について、肝臓と肺を見比べながら
若いときに、たばこを吸っていたこともあり右肺に部分的に肺気腫の跡がありますね
タバコをやめて、25年以上経過したことを話すと、過去の肺の跡でこの様に写りますと
薄い肺臓器を包むサランラップのような膜と肺との間が大きく膨らますと擦れるのでその時の痛みでしょう
健康には問題ありませんね・・・・
毎年「つるわクリニック」の先生は、画像を見ながら的確にいくつかの病名記録を想定しながら
私の質問に回答をしていただける
それは、不安を払拭し励ますように語られるので安堵する
CT検査はさぬき市民病院で尿管結石の時以来二度目
患者は痛みのある患部の病名と原因をまず知りたいもの
視覚的に説明がつく患部と症状について、今までの病歴や傾向を平たく説明されることがドクターに依存する内容
その時の説明態度や視点が患者には敏感に感じ分けて聞いている

追加費用を含めて、掛かった費用は¥6.540
ドクターと看護師、保険費用負担に助けられながら・・・・診査終了

レントゲン間接撮影1  鶴羽クリニック2






スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ