FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2017年04月10日 1/1

  • 2017年04月10日 0

    <敷島の大和心をひととわば あさひに匂う 山桜花>本居宣長日本人の心を、この様に歌った本居宣長の句はなんと長く後世に伝えられてきたことだろう私達の心を、山桜と例えてイメージしても実際には歌のように・・・・香りはしない。古人は武士の如く、パッと咲いて、サッと散る そこに生きざまの美意識を見出したのだろうか?いつまでも、高齢になっても生きている人が、日本人らしくないとでもいうのだろうか?永く生きていく...