戦争証言
- 2017/03/31(Fri) -
NHKのアーカイブスで戦争証言というコーナーがある
延べ人数1100名のインタビューの録画が観れる
その中の、多田野弘さんの戦争体験を一時間以上にわたって見ることが出来た
その他の人も含めて、戦時中の事、戦後の大陸からの引き揚げの時の様子
その中でも、言うに言われぬことは、本当に沢山あったであろうと思われる。

何人ものアーカイブスを観てくると、言いたくない真実をどこか隠してそれらしいことを伝えることで返答しているシーンもある
悲惨なこと、他国の人々に残忍なことをしてきたこと
日本人が内部の人同士でつるし上げをしたことなど、初めて聞くシベリアからの引き揚げ者の事
軍隊の年功序列の酷さ、家族に言えないほどの無茶なことをあの戦争の時には、私たち日本人は行っていたんだと
誇りも何も持てなくなるようなことを、その1100人の証言は生なましく語っている
アーカイブスの一般日本人の証言を聞くと
「私の戦後70年談話」のような、文章で書籍にされたものは、表面的だと思う。
また、
インタビューを通して他人に語れる内容はそれほどでもないと思うようになった
『俺たち地獄へ落ちるよな~』と話をしている、日本兵の会話を聞いた女性のインタビューは
中国人が日本人を憎む気持ちがすんなりと理解できた
慰安婦の像を、今でも日本人に対して見せつけるように設置しようとする、韓国の人々の恨みや辛さは
本当だろうと思うようになった。
私たち日本人は他国の人達に辛辣で酷いことを優越感をもって見下すようにしてきたのだと
思うようになった。
この70年間戦争もなく一人の人も戦争で殺さなくてよかった。
過去の戦争の体験が、なによりの負の財産だと思える。

今朝は曇天、曇り空をゆっくり羽根を羽ばたかせて、鷹のように飛ぶ鳥を見た
カラスやハトとは全く違う、その鳥は、朝から私に余裕とおおらかさを見せているみたいで・・・・カメラを向けた
 今日の朝稽古は、楷書の基本から
曇天の朝日32 朝の鳥1

私の戦後70年談話  戦争証言01 戦争証言10


戦争証言02  戦争証言03 

              楷書練習21




スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・TV番組・音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ