自然素材の受け取り方
- 2016/11/30(Wed) -
いつも仕事で手掛けている建築の現場は、クライアントにとって一度だけの一生もの
それだけに、思いれも強く出来上がる建物に対する期待も大きい
『居間の床の縁甲板は出来るだけ・・・節のないのにしてくださいね!』とクライアント
その事を、設計時から工務店へ(上小節程度:生き節あり)も伝えておくと・・・・
工務店担当者は、桧の縁甲板(無垢材)4m物が⇒節のない桧積層縁甲板の無垢材で長さが2m物に変更して施工
気を利かしたつもりが、設計者にとっては、素直に喜べない
クライアントにとっては、そんな風にしてくれたの? 少し嬉しいけど・・・という感覚

自然素材に対する感じ取り方は本当に違うので、どの程度の素材を希望して、イメージされているのか?
クライアントと設計者、そして工務店の立場で全て違う

もう一つの現場は、天井板を杉材にした
自然素材なので、白身のシラタ部分と赤身の部分が混合して納品される
大工さんは、気を利かして、外部がすべてシラタで
内部はできるだけ赤身をそろえて・・・部分的には赤身とシラタの混合材料(ゲンペイもの)で

クライアントからの異議申し立ては、赤身の色合いがピンク色しているのと赤黒いのが混合になているのが気になると言われた
確かに、三枚だけ赤身の色合いの違う材料が混ざっている
でもゲンペイ材料については何も不足はないとのこと・・・
その感覚が、私には予想を超えたもので意外に感じた

現場で立ち会って、天井を見上げながら、話し合うこと30分ぐらいでしょうか?
大工さんは、張替えが出来ないのでハラハラしながらその会話を聞いている
クライアントも気を遣いながらどうにか手直しできないもかと方法を提案された

経年劣化でそのうち色合いはなじんでくるので・・・・・どうにか暫くはこの状態で我慢しましょうということになった

何も悩み事がない建物はない
何処かしこで、異議申し立てを聞くのが現実
その度に、初めてクライアントとの感覚に違いを認識する。

塩上町の外壁塗装は完成
『想像よりも色が薄いな~』とクライアントから言われながら
三本松の現場は、機械排煙設備の定期点検、その時、ロビーで見かけたクリスマスムード

昨夜は仕事の後、葉書を書き、書道の課題作成を深夜まで・・・・・筆を持ち続けていた

志度の天井板32  徳楽の外装32

三本松ロイヤル21  書道稽古32







スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
少し遠出をしよう
- 2016/11/27(Sun) -
淡路島と鳴門市、そして東かがわ市が自転車道路の連携を進めていこうという情報
四国新聞で読み、淡路島がサイクリングの人気スポットであったことを知る
そして、鳴門大橋が自転車が通過できないので、トラック輸送を検討しているということ
国道沿いに住んでいると、確かに、高級サイクリング自転車に乗っている人を見かけるようになった

東かがわ市議会議員のYさんも黄色い自転車でよく走っている
自転車がブームなのだ!
街乗りをしても、自転車泥棒に気を遣って容易に駐輪できない
自分の自転車は、折り畳み型のモールトンにしたが、遠出をしても組み立てるのが億劫なので
車に積んて遠方まで自転車を運んだことがなかった
これを機会に、輪行を含めてこの埃をかぶり始めた自転車で遠出を考えてみよう~

もう一つの遠出
高松空港内部のイルミネーションはなんとなくクリスマスムード・・・・空気はほとんど年末!!
長女の案内で今年も家内は海外旅行、私は空港まで見送り
社員家族対象のパスを活用してアメリカ西海岸だという
昨年は東海岸(ニューヨーク)だったので、西海岸のサンフランシスコ方面だとか・・・・・
もう8~9年、毎年のことなので新鮮さがないが、旅慣れた様子で何しろ、荷物の準備が早いのに驚く!

私は、猫のジルと留守番。
そしてガムシャラに仕事~~の一週間になりそう!
アレックスモールトン43  自転車コース21

高松空港最終便2  高松空港最終便1



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しいモノの魅力
- 2016/11/26(Sat) -
午後から、「コーヒーワークス」の向いにある、「クリナップ徳島」のショールームでクライアント夫婦とキッチンその他の選定
バス・洗面台も含めて、ご夫婦が見ている間に新商品のアイデアを眺める
水を入れると自動的にクリーニングする換気扇
水を流すと自動的に、排水溝側にゴミが溜まる、流れるシンク
洗面台の手前にもきちんと水の飛沫が流れてくるようにしている立体的工夫の洗面シンク

新しいモノの中に、常に工夫し続ける姿勢と進化させる意欲に感心させられる
創意工夫された品物に、各メーカーとも本当に頑張っていると思う瞬間

午前中に時間帯を変更してもらった、生け花の稽古は
リクエストで瓶花をお願いした。
鉄砲百合
アリストロメリア
サンデリアーナ
直立型で生ける

夕食後のデザートは熊本の『誉の陣太鼓』
(昨日、高松三越地下に売っていたので6個大人買いしてしまった・・・)
説明書の通り・・・・・・専用のペーパーのナイフで切りいただく

直立型瓶花32  誉の陣太鼓1

ショールーム見学32  ショールーム見学33


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
西代川の下の橋
- 2016/11/25(Fri) -
今朝の有線放送で、地元の西代川の下の橋が通行止めになると知らされて、早々に朝見に行ってきた。
なるほど、中央部の下が鉄筋が見えて、コンクリートの躯体が爆裂している
大きな車が通れば、いつか落下するかもしれない状態
通行止めにして、工事を進めるらしい

その時、自宅裏庭のヒイラギの花が満開なのを見つける
銀木犀の花とよく似ている
アップで見ると、またユニークな形状だと知る、ついでにラベンダーの生育も気になるので写す!


塩上町のリフォームは今日が取り扱い説明・完成引き渡し日
お気に召していただけましたでしょうか?
キッチンの取り扱い説明を、クライアントご夫婦が聞かれている間に
家具のディテールをもう一度見かけながら記録として写す。

今日のティーブレイクは、ベルギー産のロータスのビスケット
シナモンの香りが効いて、紅茶に抜群な相性!

ヒイラギの花32  橋の工事1

橋の工事2  護岸工事32 

家具1  家具2

ラベンダー21  ビスケット21


 



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読書する休日
- 2016/11/23(Wed) -
石牟礼道子さんの「苦海浄土」の解説が的確で興味を持てた人
その時の「100分de名著」の解説者の若松英輔
別の本も読んでみて、更に好感が持てた。
「読むこと」 「書く事」 その行為を通して、自分に向き合う姿勢と先人たちの文章に触れ
読み込む側の読解力を鍛えるような眼差しを見た。
一つ一つの言葉が、含蓄に満ちて、何度も思考したであろうことを思わせる。

休日の日
徳島石井町の図面を書きながら、ふとした時に本棚から取り出して、読んでみた

リキュールケーキとアールグレイを頂きながら

昨夜の竣工検査の時に、施主ご夫婦は、家具の取っ手や建具のディテールの工夫に隠された思い入れを
汲み取ってくれている風で、嬉しそうに眺めている
「キレイデ・・・オシャレですね~」とつぶやいていた奥様の言葉が、何にも増しての誉め言葉
設計者は、クライアントからすべて注文されなくとも、言葉として言われなくとも、モノから感じ取ってくれるものだと信じて最高のイメージを構築するものだと再認識した。

読む力は、感じ取る力
文章を書く力は、形にして設計する力

若松英輔さんの文章を読みながら、自分の仕事に置き換えて想いを巡らせていた勤労感謝の一日。

読書する1  読む・書く 若松英輔

リキュールケーキ2  リキュールケーキ1




この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ