Ambivalence(アンビバレンス:両義性)
- 2016/10/31(Mon) -
人生は解釈力で決まります。
過去の出来事や苦しかったことを、
「あんなことがあったからこうなってしまった」
ではなく
「あんなことがあったからこそ今がある」
と考えられるかどうか。

「あんなことがあったからこそ」と考えられた時
未来だけでなく、過去も変わる。
             <芳村思風>

英語でAmbivalence 
日本語に訳すと「両義性」
物事、事象には二つの側面があるという意味

長所と短所
強みと弱み
日の出と夕日
昼と夜
悲しみと喜び
笑顔と泣き顔
・・・
・・・
過去の出来事も未来の事も受け取り方次第で事象は好転する
悲しい思い出も良き経験としてその後の生き方から見ると、貴重な体験ということもできる
ex:大きな戦争があり、たくさんの被害者が出たが、お陰で軍部の恐怖心のない平和な世の中が出来た

ex:苦しい練習に耐えたから、喜びの栄冠が待っていた

人は受け取り方、感受性を磨く事で、過去も未来も違って受け取れる
そんなアンビバレンスなことを想いながら

東の空の日の出と・・・・その時の西の空のうろこ雲を見ていた
新しい週の始まりに

うろこ雲と日の出2   うろこ雲3

スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ