FC2ブログ
小雨降る中を
- 2016/09/30(Fri) -
来週月曜日に上棟式を予定している「志度GTの家」
どうやら天気予報では雨模様
明日(土曜日)中に少しは進めておこうと、小雨降る中、今日も現場を進めている

塩上町の現場は、本日までが隣の駐車場を借りている期日
塗装工事の Mさんは懸命に昨日中に足場を撤去して綺麗にしてくれました
来週から、内装リフォームの契約・着工・・やっと進められそうになった。

徳島石井町の新しい現場は、手つかずで来週から少しづつ準備予定
進め方が一つ目の越えなければならないハードル。

そして日曜日にも生花の研究会の後、別件の打ち合わせ予定。
広がるばかりの仕事の数に、嬉しいけれど、すっきりと進まない現場での多岐にわたるストレスを抱えたまま
週末を迎えた
地元鶴羽の獅子舞の人達は、時間感覚がゆったりと流れているのだろうか?
30年前と変わらない秋祭りの準備、母屋の前、事務所横に来て獅子舞をしてくれた

早朝には空海の般若心経を臨書
お昼には高松へ行ったついでに、公文書館へ出向いて、平成26年と27年分の古文書解読講座の資料を頂いて来た。
回答書付きで・・・・・   この古文書が書かれていたころの日本の人口は7~800万人に満たなかった
時は今より緩やかで、人も少なく ゆっくりと流れていたのだろう・・・・・と思いながら
ティーブレイクは、丁稚羊羹とアールグレイのミルクティ
空海 般若心経1   古文書

西町の獅子舞2   丁稚羊羹2 

丁稚羊羹21

スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
季節の風物
- 2016/09/29(Thu) -
昨年見かけた、鳴門山での「鷹わたり」を見る人々の風景
もうそんな季節なのだと思わせてくれた、丹生北山から津田へ通勤してくる鷹の群れならぬカラスの群れ
毎朝、東から西へ同じ時間に通勤する
その下の国道11号線では人々の通勤車両が東かがわ方面から高松方面へ群れを成している
カラスも人も通勤なのだ

大川町と津田町を隔てている山並の間から霧が流れ落ちてくる
大川町が盆地状になって入るので、山の低くなっている鶴羽隠れ谷周辺から霧は流れ落ちて瀬戸内海へ

一昨年見かけた、愛媛県大洲市の「肱川あらし」を思い出した
あそこでは、見ることはできなかったがyou tubeの動画で見て知った。

一度よく似た風景を知っていると、連想して目の前の光景から思い出したり連想したりして思い出を膨らませることが出来る
そんな楽しみを今朝は感じていた

ツユクサの滴、金木犀の新芽を見ながら・・・

鶴羽あらし43  カラスの通勤43

ツユクサ32  金木犀43




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガラスコップの水
- 2016/09/28(Wed) -
今年も小学校へ出前授業を行った
緑の課外授業と称して、グループ活動して7~8年になるだろうか
毎年考えて、工夫を凝らしてイメージトレーニングをして臨むのだけれど、イメージ通りにできたためしがない
牟礼南小学校、5年生、≒20名
5時間目と6時間目(45分×2)

最初のうちは聞いてくれているが、コップに水を入れて、水蒸気の水滴と水の話をするところから
みんなの意識はその氷水に注がれる
今年は、
解けてしまう時間を予想させるのだが、その事より残った水をどうにかして飲んでみたいという・・・・要望が出た
そして
休み時間に氷が入っていた水は生徒たちに飲み干された!

二時間目の授業では、みんなが好き勝手なことを言っていたのが、スライドで私が設計した住宅の事を見せると
急に静まり返って、態度が変わる・・・・・感心したように。
毎年、終わってから、どっと疲れが出る!

そしてこの授業を進ませながら、小学校の先生の仕事のきつさを思い知る
自分勝手に手を上げ、友達感覚で話しかける児童の数人に授業を占領されるかのような気にさせられる
どのように、先生は授業を進めているのだろうか?
ゆっくり見てみたいと。今日はつくづく思った・・・・・そして懲りずに来年はもっといい授業を!・・・・と思う。

牟礼南22  牟礼南2

牟礼南24  牟礼南25

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
志度の基礎工事
- 2016/09/27(Tue) -
志度の家は、来週の上棟式に向けて急ピッチで基礎工事をしていた
雨が続いたおかげで、スケジュールに余裕がなくなった
コンクリート打ち放し面の高い基礎部と低い基礎ではコンパネとメタル枠の使い分け
職人さんもグループ分けしてしている様子

隣は何するものぞと・・・・一心不乱に温度も湿度も高い現場で作業中
少し動いただけで汗が噴き出す・・・・
隣の小高い敷地から見下ろすと全体が良く見える
其処のフェンスに目をやると・・・・フジのツルの枝が不思議な形をして巻き付いていた
これは人がしたのだろうか?
それとも、フジの特性でこのように巻き付くのか?

今朝の大川オアシスからの景色
月を見上げながら、日の出前の東の空を見る

     月と日の出前32     基礎工事22

基礎工事21  藤のツル21


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渓谷の秋
- 2016/09/26(Mon) -
四国の山深く、友達とロングドライブ
時折降る雨に打たれながら着いた、そこは青い水が流れる渓谷だった
藁ぶきの民家を改装した、お店でそばを食べ、眼下を流れる川に目をやると
ラフティングのゴムボートに乗った人たちが渓流下りを楽しんでいる

高知へ向かう土讃線の電車が対岸を走り抜け川底の川面を誰もがのぞいている
ラフティングの距離は7kmにも及ぶと聞かされた

子供たちがライフジャケットを着たまま、並んでゴムボートから川に飛び込んでいる
そしてもっと急流の下流へ・・・流れて進んでいく

日頃の慌ただしい仕事を忘れさせてくれる緑の景色だった

   渓谷 1        渓谷 2

渓谷 3  渓谷 4
蕎麦を食べたあと、玄関を見返すと曲げ木の出し桁が見事で、見入っていた
小屋裏1  出し桁2



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ