FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2016年06月 2/3

  • 2016年06月09日 0

    瀬戸内芸術祭の記念講演として建築家の安藤忠雄さんが高松で講演された「芸術の力」と題して約80分スライドとその説明に終始して最初は自分の病気の事レクザムホール:小ホール807名 満席 建築関係以外も含めて参加されている最後の締めの言葉は、社会とのかかわり方を、桜や植物を交えて、独自の説明をされた最初から最後まで、74歳とは思えないエネルギッシュな進め方でユーモア半分、自身の本音で語る話でしたキーワード『勇...

  • 2016年06月08日 0

    3年前に計画が中断した倉庫のリフォームここにきて、再スタートをする運びとなった今回は、外壁と屋根のみ行い東側の建物の余分な部分をカットして工事範囲をスリムにして計画コストを下げるのは、建物が大きいだけに、面積を小さくするのは当然の対策方法中身の用途も再検討して調整を要する昨日の曇り空の日の出ガクアジサイは満開タイサンボクは蕾をつけて、週末には開花するかも・・・・  ...

  • 2016年06月06日 0

    石臼に生けたアメリカハンゲショウが咲き始めている毎年枯れた茎を剪定して整理しているが、確実に本数を増やして繁殖力の強さを見せている梅雨の終わり頃が満開なので、ハンゲショウというのだろうか?(半夏生:ハンゲショウ)と書くので斑入りが、ハンゲショウ、緑のままの葉がアメリカハンゲショウらしい今朝も朝日がさす、5時には馬篠の漁港から漁師の人達が出港していた瀬戸内で何が取れるのだろうか・・・?と思いながら輝...

  • 2016年06月05日 0

    夜ライトアップされる樹木の影が玄関の軒天井に映り込むその枝葉の陰影が何か最初判らなかったでも鮮明に映り込んで入る様をまわりこんで玄関側から見るとよく判った白い軒天井がスクリーンになってマダラ模様が絵に描いたようにみえる予期しない姿に、驚く。 小学校プロジェクトも今年で8年目になるだろうか?北原君の工房で桧の間伐材をスライド丸鋸で切る作業を6人で手分けして作る干された姿は、食べ物の干物か何かのように見...

  • 2016年06月04日 0

    今月19日の研究会へ向けて一年ぶりの稽古燕子花(カキツバタ)葉の裏表が判りにくい。それぞれの葉を並べて表裏を理解して葉先の小さい向きによって左右使い分ける傾斜角度を意識しながら、決められた様式に沿って七宝に留めていく意外とこれが難しいイメージ通りに留まってくれないやり終える頃に昔生けたことを思い出してなんとなく終了するここまで来たら、あとは様式をきちんとマスターしてみようと思う研究会まであと二回の稽...

  • 2016年06月03日 0

    三本松ロイヤルホテルのリフォーム工事も最終になって来た内部の工事足場も取り払われ美装したシャンデリアもくすんでいたことが嘘のように光っている厨房のエアコンも取り換え、追加して取り換えた室外機も最終調整中ガラスや床の美装を済ませて・・・テーブル椅子を再度セットして出来上がりあと一日で、リフォーム終了残すは、あと少し・・・・・・・・ 工事中の天井回り(隠ぺい部分の空調機を交換) ...

  • 2016年06月03日 0

    あかねさす日の暮れゆけばすべをなみ千(ち)たび嘆きて恋ひつつぞ居(を)る (万葉集:2902)いとのきて薄(うす)き眉根(まよね)をいたづに掻(か)かしめつも逢はぬ人かも (万葉集:2903)いくばくも生けらじ命(いのち)を恋ひつつぞ我れは息づく人に知らえず  (万葉集:2925)1300有余年前の天平の人々は、過激な恋心をこれほどまでによく歌ったものだと感心する電話も郵便も当然メールも無かった頃、その頃の人々は...