思い出の花
- 2016/05/30(Mon) -
土曜日から名古屋へ行っていて、月曜日の朝久しぶりに、事務所の庭に目をやると
何んだかさびしい雰囲気
一面に葉が茂っていた、ムクゲが見えなくなっている
手前のヒメエニシダも極端に小さい
庭全体を見渡すとよく繁殖していた木はことごとく小さくなっている

十数年事務所の横で夏になると一番咲き誇ったムクゲはもう見られない
切り株の直径は12cm
大切に育てて来たムクゲが見事に切られている

どうやらすべて義母が切ったものらしい
それにしても、老体に鞭打って、こんなに太いムクゲの幹をよく切ったものだ
相当気がふれるくらい、立腹して怒りのエネルギーをまき散らしていたのだろう
今月初旬まで黄色い花を見ごとにつけていたヒメエニシダも中央の幹を二本切られている
その悲しいショックの余り、早朝から事務所の椅子に座ったまま、動く意欲が湧かなかった
ひどいことを平然とするものだ義母は・・・・

二日間留守にしているスキをみて、きっちり憂さを晴らすように伐採したのだろうか
庭の樹木が大きく茂り育つ生物の植生が気に入らぬらしい
気に入らないものは根こそぎ切ることで、対決退治しているのだろう
樹木の生長する様は、煩わしいことの一つ、切り刻んで対決しているのだろう
花の咲くムクゲは、雑草が生えているのと変わらないと思っているのだろうか
これで、義母のここ最近、二度目のヒステリー伐採!!

残念ながら、去年眺めた紫色のムクゲが最後でした
黄色い花を一面につけたヒメエニシダの姿は4~5年我慢したら元通りになるかもしれない
ヒメエニシダにはその希望がある

想いでの写真を載せて
ムクゲに・・・・さよならを告げよう

6月に始める、カイズカイブキの剪定作業は職人さんによく話をしてこのようなことが起こらないように進めたい
その事を、聞いてくれない事、聞く耳を持たないことが、私を本当に憂鬱にさせる

ムクゲ43 ヒメエニシダ54
去年のムクゲの開花
ムクゲ64 ムクゲ65
今年のヒメエニシダの開花
ヒメエニシダ545

スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ