FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2016年05月 2/3

  • 2016年05月16日 0

    身体の柔軟性をもっと進めたいと思う専門のトレーナーのアドバイスを受けながら、毎月二回整体とストレッチの指導を受けているいつも言われるのは、『毎日、ストレッチをしていないのでは進歩はないですよ・・・』『いくつになっても、体の柔軟性は鍛えられますから』右足の股関節は痛みを覚えなくなった屈伸運動もずいぶん楽になった首の周りのストレッチも意識して行ったおかげで柔らかくなったでもお腹の周りのぜい肉は、なかな...

  • 2016年05月14日 0

    以前、何かの引き出物に頂いたカステラが心に残っていて・・・・・・いつか行って見ようと思っていたお店、『陣屋』カステラと最中などあと少しのアイテムがここの店の特徴数年前に道向かいの旧店舗から移転したというカステラはハーフサイズが一押ししっとりもっちり!した感触は上品で甘さも甘美で口当たりがよい(アーリーグレイ)紅茶請けには最適!もう一つ昨日、お客様からいただいた「たから」の ぐず餅冷やして、頂くと ...

  • 2016年05月13日 0

    南新町の綿谷でざるうどんを一口食べて、そのだし汁の風味に感心うどんはそのままのざるうどんがこの季節の美味しい食べ方だと思うでもその漬け汁にふさわしいダシを出してくれるお店がなかなか難しい・・・・・麺処 綿谷のうどんの小はよそのお店の大ぐらいある竹輪となすびのてんぷらがちょうどざるに合って・・旨い高松市美術館へ行く途中南新町の 乾物屋 丸一倉庫に出汁専門の新しいコーナーがオープンしていた今月2日に新...

  • 2016年05月10日 0

    朝から小雨、霧の立ち込める中を大川オアシスへ。モーニングセミナーが三本松で行われるのでその途中・・・車から降りてカメラを向ける其処は東の空を見ても日の出の気配はしないでも薄ぼんやりと、日の明かりが広がり朝日がその向こうに立ち上げってきていることを想像させるこの深い霧はテオ・アンゲロプロス監督の名作映画『霧の中の風景』のシーンを思い起こしていた悲しく不思議な映画でした12歳の少女と5歳の弟がギリシャか...

  • 2016年05月08日 0

    NHKのTV番組で「あの人に会いたい」というのがあるこの番組で知った、丸岡秀子さん記憶にとどまるほど、生き方に惹かれたのでアマゾンで本を取り寄せて連休の間に読んでしまおうとかねてより考えていた過酷な生い立ちから始まり、結婚後も生後10か月の子供を残してご主人に先立たれ自立して生きてゆく、戦後の女性の困難さ  (「ひとすじの道」「三代の男たちと丸岡秀子」)さらに追い打ちをかけるように、年老いてから,...

  • 2016年05月06日 0

    母の日を控えて、花屋さんの店先にはそれ用の花がたくさん飾られているカーネーションは比較的少なくこのお店では殆どが紫陽花(あじさい)こんなにもたくさんの紫陽花の種類があるのだろうかと思わせるほど多種多様眺めていると「どれにしましょうか?」店員さんの声「写真にとっていいですか? 帰って相談してきますので~」 私どの花を送れば、義母は喜んでくれるだろうか?そう思いながら、珍しい紫陽花の名前を読みながら、...

  • 2016年05月05日 0

    同じ朝日を見るのでも、場所を変えるとこれほどに印象が違うものなのかさぬき市の大川オアシスから、絹島の向こうの淡路島のところに上がってくる日の出をいつも見ていた身にとってその淡路島の洲本から観る大阪湾の向こうに上がってくる風景はまた一味違う瀬戸内海のような小島が見えず、紀伊水道につながる大阪湾が横たわっている 生駒山の向こうの方から日が昇ってくるのだろうか霞んだ地平線はそこに大阪の街が広がっている事...