白い桜
- 2016/03/31(Thu) -
毎年人知れず庭の隅で咲く、スノーフレーク
生花で使ったレンギョウはまだ咲いている
三本松のホテルの横に咲いていた白い桜
後で調べて、「オオシマザクラ」ということを知る
毎年咲く、どこにあっても人知れず咲く、人が手を加え、庭先や公園に植えてもその季節に咲く

一花咲かせて散っていく
手抜きなく、どの樹木も見事に咲いて散る
梅もサクラもその季節に合わせて、咲いて散る

モクレンの花びらが足元を白く染めるほどそこらじゅう一面に散る
そんな春
バードテーブルに置いたばかりのオレンジが・・・・いつヒヨドリが来たんだろう
もうすぐに啄んでいた

オオシマザクラ 2
スノーフレーク2
レンギョウ3
オレンジ2
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝日に匂う山桜
- 2016/03/30(Wed) -
< 敷島の大和心を人問わば 朝日に匂う山桜花 >  本居宣長

この季節になると 向かいの火山を見上げながら 点在するように咲く山桜に目を奪われる
野に咲く ソメイヨシノや八重桜でえなく、山桜なのだ
本居宣長が、日本人の心をこのように答えて、国家の高揚に一役買った有名な一句

庭のバードテーブルに ヒヨドリがオレンジのみをついばみに来て
倉敷、児島から見る夕日
現場ではLEDのバックライトが付いた看板が取り付けられた
玄関周りの天井が相変わらず・・孤軍奮闘中

外壁看板12
外壁看板14
山さくら2
桜32
枝垂桜20
テーブル43倉敷の夕日2
玄関ポーチパネル2





この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
模倣と創造
- 2016/03/27(Sun) -
池田満壽夫の著書に『模倣と創造」というのがあった
同じタイトルで、本日、県立ミュージアムで開催中のピカソ展にちなんで
千足伸行先生による「ピカソ:模倣と創造」という講演会があった
天才的な画家として、長寿を全うし、エネルギーの絶えることのなかったピカソから
模倣と創造はどうだったのか・・・?大いに知りたいところでもあった

お手本になる先人の作品があり、それを自分のテイストで表現しなおす・・・それが亜流とも言えるだろうが
ピカソの作品になる
創造という言葉から一から考えて、作り上げた創造的な仕事と考えてしまいそうであるが、ピカソでさえ、そうはしない
お手本がどこかにあり
それを自分流に、周囲の人から影響を受けながら、新しい自分を表現する・・それが、模倣でありながら創造的な仕事を示している

今までに見たことがない要素がどこかににじませていたり
表現方法が現代的であったりすることが、作家の時代背景を鮮明にしてくれる

単純にCreative(創造的な)な絵画は・・・ピカソでさえないと言えそうである
全てどこか亜流であり、模倣の部分を引きずっている。それが時代を反映させて
次世代に引き継がれることになる・・・・

物作りは常に、模倣と創造の間を行きつ戻りつしながら、時代の息吹を今の形にしようと・・・生きているのでなないでしょうか?
そんな感想を持った
千足伸行先生の講演会でした

千足伸行4

この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高圧酸素カプセル
- 2016/03/25(Fri) -
『潜る時の耳抜きをイメージして、圧力が上がってきたら、その都度してください』
初めて入る、高圧酸素カプセルの事前説明

先週から首の周りが肩こり状態・・・花粉症で鼻水も止まらない・・・・これではいけないと
予約して
理学療法士の長男から整体を約一時間してもらう。
追加で『疲れがより早く回復するよ…』と言われて
狭いところは苦手なんだけど・・と思いつつ約40分

黙ってカプセルの中でいるのは耐えられないので・・・
楽しみはiphone片手に<You tube>古今亭志ん朝の落語を聴く事
今回は古典で有名な『浜野矩隋(はまののりやす)』
以前、立川志の輔の同じものを聞いて感動していたので、それを意識していたが
志ん朝は正統派です
お袋さんが亡くなるところは、きちっと遂げて聞かせる
志ん朝の語り口は、ソフトで品があり男の色っぽさを感じる『芝浜』も『文七元結』しかり

肝心の酸素カプセルの回復力は・・・???よく判らなかったな~

古今亭志ん朝 浜野矩隋(のりゆき) 1
高圧酸素カプセル1
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
物はすべて 生きている
- 2016/03/24(Thu) -
今月の書道の稽古『物はすべて 生きている』
墨が無くなるまで、何度も何度も書くうちに、だんだん良くなってきているようであり
文字の大きさが大きくなる
振り返って、何点か並べてみても、ほとんど同じように見えるが、墨の滲み具合の違うもの
筆さばきのわざとらしいもの・・などを間引き
来月の稽古の時に先生に見せる物を 8点選ぶ

先週の生け花の稽古
色彩盛花:色彩本位<傾斜型>
花材
レンギョウ
アイリス
ストック

花器
丸水盤

昨日、施主夫婦と同行した薪ストーブ店
空気の入りを絞り、煙道の排気を絞ると、オーロラのような揺れる炎が上部に出来る
その不思議さ・・・・幽玄の炎のようだった

そしてお茶うけは、桜餅とオハギ 

書道稽古3れんぎょう傾斜型1
アイリス3れんぎょう2
薪ストーブ1薪ストーブ2
桜餅2おはぎ3

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ